ケータイ小説 野いちご

鷹虎の守姫

作品番号
1307385

最終更新日
2016/3/25

鷹虎の守姫

Linux_令奈/著 ジャンル/恋愛(その他)
30ページ
PV数/85・総文字数/10,024

僕は昔から弱かった

腕力は強くて動体視力もあるし、体力とか足も早いから喧嘩させたらすごく強そうに見えるとか言われたけど、心とかそういう所が弱かった。

頭もそれなりに良い方で、テストではいつも20位以内。

でも、弱いせいで、今まで誰も僕のことをカッコいいなんて言ってくれた人はいない。

僕が言うのもなんだけど、顔はそれなりのはずだと思ってる。

だからこそ、僕は、原田 風強(はらた ふうきょう)は、この16年間の間喧嘩はしなかった。

でも、ある日の夜。

お嬢様系の女子が無理やり車に乗せられそうになっているのを見て助けた。

まさかそれが、あんなことになるとも知らずに____

これは私が出す初めての作品なので、暖かい目で見てくれると嬉しいです。
かっこいい系が好きな人はぜひ読んでみてくださいね!


小説を読む