ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

たとえば明日、きみの記憶をなくしても。

嶺央/著)

作品番号/1283228
ジャンル/恋愛(純愛)
PV数/16,422,557
総文字数/157,879
最終更新日/2017/4/12
[443ページ (完)]



「ユキちゃん。
私ね、ユキちゃんと別れたいの」




好きだから君を想った。


好きだから嘘をついた。


優しい君は


「そっか」と呟くと


私の髪をクシャクシャッと撫でた。


その温もりに


涙が溢れそうになるのを


必死でこらえた。


「行かないで」


そう言えたのなら


どれだけよかっただろう。





*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。
願わくは、君と
永遠の愛を誓いたい。
*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。




2016.3.22 完結

2016.12.25 書籍化
【旧題: if you..ずっと、君を。】

©Reo

好評発売中

あらすじを見る
イケメンで優しい彼氏のユキと楽しい学校生活を送っていた高3の乙葉。ある頃から日にちや約束などを覚えられない自分に気づく。記憶をなくしていく恐怖に怯える乙葉は、ユキに嫌な態度をとってしまう。そんな乙葉も好きだと言ってくれる優しいユキのために、自ら別れを切り出すが…。病に翻弄されたふたりの絆を描いた、感動の純愛物語!

小説を読む