ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

月下の雪男

作品番号
1281278

最終更新日
2015/12/7

月下の雪男

猫そで/著 ジャンル/恋愛(純愛)
5ページ
PV数/92・総文字数/1,563

妖を滅す力を持たず、


出来ることは

結界や動きを封じることなどの簡単なこと。



そんな私の目の前に、



人の姿をした妖が倒れている!?



お爺ちゃんには内緒で家に連れて帰ると_!?




まさかの雪男で_!?





「近づくな」


「触んな」


「話しかけんな」



初めはこんなことしか言わなかったのに、



「アンタ、可愛いな」


「アンタとならいても良い」


「俺から離れんな」




※雪男は甘々でした※









*☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**



脱字・誤字があるかもですが、


あたたかい目で見てくださいm(_ _)m




start⇨12月7日



小説を読む