ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君の優しさに拳銃を突きつける

作品番号
1267826

最終更新日
2016/9/9

君の優しさに拳銃を突きつける

re123/著 ジャンル/恋愛(その他)
155ページ
PV数/28,853・総文字数/54,090












BLOODY PRINCESS

血塗れの姫

雨水 蒼空(ウスイ ソラ)


「ごめん。私はこれから皆を傷つける…」

「こんな私をどうか許さないで」





BLOODY KNIGHT

血塗れの騎士

風間 裕(カザマ ユウ)


「姫…俺たちは あんたの決めた道を

信じて進み あんたを守る

ただ それだけだ」





BLOODY KNIGHT

血塗れの騎士

朝霧 零(アサギリ レイ)


「自分を卑下する必要はない

姫は俺たちの誇りなんだ」






BLOODY KNIGHT

血塗れの騎士

木暮 春斗(コグレ ハルト)


「蒼空ちゃん。よく頑張ったね」

「大丈夫。僕たちは隣にいるから」





BLOODY KNIGHT

血塗れの騎士

上月 拓弥(コウヅキ タクミ)


「犠牲になるのは一人でいい…

それは君じゃない」





BLOODY KING

血塗れの王

雨水 颯(ウスイ ソウ)


「姉ちゃんを守れるのは俺だけだろ?」

「ごめんな…蒼空」
















私達はいつの日も選択を強いられる























****


♡Thankyou♡


龍夕様




****









この小説の宣伝エアラブ

小説を読む