ケータイ小説 野いちご

今日はありがとう。そしてさようなら。

作品番号
1257084

最終更新日
2015/9/19

今日はありがとう。そしてさようなら。

* 苺 姫 */著 ジャンル/詩・短歌・俳句・川柳
4ページ
PV数/39・総文字数/420

とても平凡な日常だった『永野家』。
しかし、長女『アミ』に、突然重い病が襲いかかってきた。

アミは前から心臓に負担がかかってそうだと。
違和感を感じたと。

診断された病名は、『心臓病』と『脳腫瘍』だった。

脳腫瘍は、あと1歩遅ければ手術ができない状態だった。
心臓病は、前より悪化。


ー アミは父と向き合ったことがなく、手術後初めて向き合った。ー


アミの死がやっとみんな受け入れられた時。アミの心の本音がわかった。


これは、実話ではありません!汗
少しでも感動したな!と思ったら感想などください!


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)