ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ボクが消えるまで。

作品番号
1225988

最終更新日
2018/1/24

ボクが消えるまで。

二宮桜子/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
30ページ
PV数/8,236・総文字数/4,848

ボクはあなたが大好きでした。



毎日遊んでくれた。


寂しい夜は一緒に寝てくれた。


いい子にしてたら撫でてくれた。






なのに


なのにどうしてあなたはそんなに悲しそうなの?





ここはどこなの?



いい子にするから迎えに来てよ。






ボクはあなたが




本当に大好きでした。




短編です!よかったら読んでください!



動物についての悲しいお話です。



読んでくださったらレビュー、感想、どうかよろしくお願いいたします!







りょ。?様

skyday様

宝希☆/無空★様

感想ノートありがとうございます!
感謝感激です!!!



りょ。?様

レビューありがとうございます♪



初ランキング入り…!!

ありがとうございます!


小説を読む