ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏時計

作品番号
122488

最終更新日
2008/7/30

夏時計

vira/著 ジャンル/恋愛(その他)
39ページ
PV数/22,722・総文字数/16,293




…消えないで。



あの日、僕は願った。


時なんて
止まってしまえばいい。


僕の想いも、この夏も。




君という名の夏に

刻まれて、永遠に焼き付いてしまえばいい。



あの溶け出すような
夏の幻に包まれて

僕は、願った。




……消えないで。



僕の心に刻まれた
君の笑顔も、その声も。

全て、この夏に
連れさらわれてしまわないように、と。




そう僕は
強く願ったんだ。


永遠に続く、この夏に。




《夏時計》


2008.07.30■完結■



小説を読む