ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天国に捧ぐ『唄』

作品番号
1215509

最終更新日
2015/5/20

天国に捧ぐ『唄』

水戸 梓/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
1ページ
PV数/350・総文字数/1,020



2年前の夏 ・・・

天国に旅立った『赤い羽の天使』

輝く笑顔 は 向日葵 のようで
優しい心 は 周囲を和ませ
とてもとても愛され
それ以上に周りを愛していた

そんな彼は雲の上に行ってしまいました。

今も実は理解できない
「もう会えない」とゆう言葉

自分に問いかけるたび
空に問いかけるたび
心にしみるのは「寂しさ」ばかり・・・

あの頃、心から疲れ果てて
生きることを終わらそうと決意していた
そんな私に亡くなった夜に
耳元でそっとこうささやきました

「俺が守るから幸せになるまで」

嘘だと思うかもしれません。
でも、私にはあの日から
ずっとこの2年間聴こえ続ける
彼の“エール”があるんです。

だから、私が生きているんです


これはそんな彼に捧げる言葉・・・

何度言ってもきりのない


『ありがとう』





小説を読む