ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

向日葵、絡まり、空回り。

作品番号
1214423

最終更新日
2015/8/13

向日葵、絡まり、空回り。

西木野はる/著 ジャンル/青春・友情
39ページ
PV数/814・総文字数/8,986



ふとした時に思い出すのは





キミがいなくなったあの暑い夏の日のこと





あのときの想いはもう心の奥に閉じ込めたって思ってた





でも、いまさら戻ってくるなんて





「もう遅いよ…。」





❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁



姫宮 優月(himemiya yuzuki)


少し意地っ張りな高校2年生。中学生のころ蓮が好きだった。



×



月島 蓮(tukisima ren)


優月の幼なじみ。高2の春に優月の学校に転校してくる。




❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁





もう一度あなたに恋していいですか?





また、あの日と同じ季節が巡ってくる。




start 2015.05.17



小説を読む