ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

優しい先輩はとんでもない不良でした

作品番号
1205217

最終更新日
2015/8/12

優しい先輩はとんでもない不良でした

ゆう空/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
327ページ
PV数/4,912,658・総文字数/150,121




有名な不良校に入学してしまった
普通で平凡なあたし。


なぜか––––––––



校内トップのヤンキーに
目を付けられちゃった⁉︎


絶体絶命のピンチ‼︎



そんな時、助けてくれたのは………


「困ってんだろ。助けてやろっか」


キレイな金髪の整った顔立ちをした
先輩でした。



*・○・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・○・*


瀧澤 珀疾
(タキザワ ハクト)
ケンカ負けなし‼︎
根は優しい不良で俺様な先輩。


×


東雲 杏菜
(シノノメ アンナ)
ごく普通の女子高生‼︎
明るく元気でたまに天然な後輩。


*・○・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・○・*



優しい先輩に
くらっと心が傾いたのも束の間。


「もちろん、お礼アリだよな?」

「へっ…⁉︎」

「タダで助けてもらおうなんて
都合良過ぎだろ」


あの優しさはどこへ⁉︎

怪しく口角を上げた先輩は
意地悪だ………。



「俺の彼女でも…やってみる?」



とんでもない不良な先輩の
彼女になってしまった。


有り得ないからー‼︎



でもね、先輩。


「なんだろうな。
俺、お前のこと放って置けない」


「俺が守ってやるから
安心して着いて来い」


たった一つの年の差が悔しいほど、
惚れちゃいました。



注がれる愛情はあたしだけのもの。




start*:.。..○.:*2015.04.22*:.○. .。.:*
end*:.。..○.:*2015.08.12*:.○.。.:*



小説を読む