ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ひと夏の救い

作品番号
1198441

最終更新日
2020/11/23

ひと夏の救い

manoe/著 ジャンル/青春・友情
145ページ
PV数/6,775・総文字数/108,942

目立つなんて、良いことない。
本当の友達なんて、居やしない。
私は無難に、好きなように生きて一生を終えるんだ。
そう思っていた私の前に、幸か不幸か、彼等が現れた。
幸に転ぶか、不幸に転ぶか。
どちらにせよ、先が読めない。
永遠の迷宮入り。









7月13日、題名を変更しました。
元題『彼らと私の七不思議探検隊!』



(2020/11/23 11:40:26)完結しました。
見てくれた方々、ありがとうございました。



※↓のエアラブ=チャラ男くん(お昼ご飯)以外の話は全部本文から抜粋したものです。

あらすじ

常日頃からため息の多い天才少女荒峰明。
人知れず辛い過去を持つ明は面倒くさいと言って人と関わることを避けてきた。しかし同じ教室のチャラチャラしたイケメンに何故か気に入られてしまいその友達の同じ『王子四人衆』である木下誠、奈良坂岬、東雲穂積たちとも知り合うことになり面倒事が増えてしまう。面倒事に辟易していたある日チャラチャラしたイケメン新井澄晴が「学校の七不思議、解決してみない?」と言い出して___


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)