ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

双子は運命の鎖を解き放ち

作品番号
117016

最終更新日
2015/10/5

双子は運命の鎖を解き放ち

平本りか/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
323ページ
PV数/184,642・総文字数/90,904


--*--*--*--*--*--

《すれ違いがすれ違いを生み、愛しさが憎しみを生む。
片割れは反逆者に、片割れは女王に。
最後に残るのは、果たして憎しみか、愛しさか――?》

精霊の守護を受ける統一王国リルシャール。


王家では必ず双子が生まれ、どちらかが先見の力を持つ。

彼らは時の精霊の力を借り、国を守ってきた。


力を持たない姉姫セシリアーラと、力を持つ、次期女王の妹姫アウリアーラ。

仲の良かった双子は、しだいに……。



姉妹の愛憎と王国の衰退がもたらす、混沌の行く末は!?


小説を読む