ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ファーストキスはチョコの味

作品番号
1157209

最終更新日
2015/1/10

ファーストキスはチョコの味

happines/著 ジャンル/恋愛(純愛)
19ページ
PV数/111,577・総文字数/3,903


2月14日

バレンタインデー


それは女の子にとって、

好きな人に気持ちを伝えるチャンスの日。


「これ…チョコなんだけど……っ…」



好きなアイツに必死に渡したチョコは



「……んなもの、いらねぇよ。」



受け取ってはもらえなかった。


「狭間くん、チョコあげるぅっ!」


「おー、サンキュー。」


だけど、

他の女子からのチョコは全てもらってた。


そんなに私のこと嫌いなの?


どうしたら私のこと好きになってくれる?


ねぇ…教えてよ。



不器用男子

×

素直になれない女子


俺の好きなやつは強がりで意地っ張りだ。


「これ…チョコ……っ…」


勇気を振り絞ったのはわかった。


だってアイツは素直じゃねーから。


だけど俺は、


「いらねぇよ。」


というなんとも最低な答え。


それにアイツが傷ついたのもわかった。


待てよ、そういうことじゃないんだ。


それを言いたくて口を開いたけど

言葉が出ない。


……何で俺はこんなに不器用なんだよ。


小説を読む