ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私がコンビニに通うわけ。

作品番号
1156006

最終更新日
2016/8/28

私がコンビニに通うわけ。

**ゆい**/著 ジャンル/恋愛(学園)
121ページ
PV数/72,238・総文字数/33,104




コンビニって、いいよね。



いろんなお菓子やジュース、コンビニ限定のものまであるし。



化粧品とか、文房具まで売ってる。



だから私は週に3回、決まった曜日にコンビニいく。



まあ、他にも目的があるんだけどね。

──────────────────

「肉まんください!ついでにおにーさんもほしいです!」



「ついでかよ。売り物じゃないんで」



相手にしてくれなくてもめげません!



女子高生と大学生の年の差は意外と大きいみたいなのです。



─────────────────


「別に誰でもよかったわけじゃない。」


に出てくる澪のお友だちのお話になっています!



よかったらそっちも読んでみてください♪









小説を読む