ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私が吐いた嘘。

作品番号
1141212

最終更新日
2014/12/6

私が吐いた嘘。

涙雨兎/著 ジャンル/恋愛(その他)
5ページ
PV数/130,721・総文字数/1,668

私、あなたともっといたかった。

もっとデートしたかった。

もっと、話したかった。

もっと、大好きだよって伝えたかった。

もっと…もっと…っ!

だけど…っ、
私はもう…貴方とはいられないの。

ごめんね。本当は大好きなの。


小説を読む