ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

シンデレラの一族

作品番号
1133477

最終更新日
2019/2/2

シンデレラの一族

少名毘古那/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
317ページ
PV数/25,004・総文字数/183,051



無知でなくなることは、私の子供の終わりである。



ある日、無垢で無知な私のもとへ
一人の女の子がやってきた。

彼女は私の世界を広げ、愛し、また着実に侵していった。

それからゆっくりと
私は罠にはめられていく。


「な、に…」

「お帰りなさいませ、瑠璃さま。――この村の、独りぼっちのお姫様」

お願い
そんな遠くへ、行かないで。

私が化け物じゃなかったら。
何度そう願っただろう。


偶然集まった私たちは、
みんなそれぞれ罪を抱えていて
支えあって、
不器用な友情を紡いでいく。


これは、
無知は誰かを傷つけるという話である。


実在するかもしれない都市伝説と
それでも生きる少女達の話





キャラ裏話
「棚の中でのお喋り」
0908


小説を読む