ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

白球が鳴くとき

作品番号
1127389

最終更新日
2016/3/20

白球が鳴くとき

*YU*/著 ジャンル/青春・友情
347ページ
PV数/435,788・総文字数/153,381


「自分を殺してやりたい」



そう言った君はもう

あの頃のように白球を
追いかけてはくれなかった



__願わくば、君の放つあの音をもう一度……


あたしは今もあなたを信じて待っている





I believe in you……





あたしとあなたが出逢うまで……



みんなが幸せになる恋なんてあり得ない

運命はいつも残酷だ



小説を読む