ケータイ小説 野いちご

グリムの童話

作品番号
1117808

最終更新日
2014/11/3

グリムの童話

あもた/著 ジャンル/絵本・童話
1ページ
PV数/11・総文字数/388

昔々ある森に『グリム』と呼ばれる死神がいました。




グリムは人から


「グリムにあったら殺される」

「目が合うと人形にされる。」

「触れると『童話』の中に閉じ込められる。」



と、いわれ恐れられていました。




しかしそれはとんだ誤解でした

グリムは人間たちと仲良くしたくて、自分の書いた童話を見てもらいたくて。


街に降りてきました。






恐れた人たちはグリムを攻撃し始めます。





グリムは悲しみました

そして、




「ぼくは皆と姿、形も変わらないのにどうして恐れられなきゃいけないの」

と思いました、そして ついに

「こんなことなら誰もいらない皆イラナイミンナボクノ『童話』デエイエンニマヨエバイインダ」

と、街の人を『童話』の中に閉じ込めてしまいました。







小説を読む