ケータイ小説 野いちご

ガラス玉

作品番号
1084833

最終更新日
2014/8/2

ガラス玉

流星*nana/著 ジャンル/恋愛(純愛)
2ページ
PV数/19・総文字数/738

家に帰ると始めに見るのが、女の人のパンプス。

始めに聞こえるのが、知らない女の人の喘ぎ声。

家に入った時の貴方の鋭い目が、刃の尖った鋭いものとなり、私の心を貫く。

あれ。何でだろう。

こんなの慣れている筈なのに、心が痛い。

頬を伝う、この透明な雫は何なのだろうか。


小説を読む