ケータイ小説 野いちご

金曜日の夜は全員集合みっちゃん編

作品番号
1075007

最終更新日
2014/7/12

金曜日の夜は全員集合みっちゃん編

たま姉ちゃん/著 ジャンル/恋愛(純愛)
1ページ
PV数/0・総文字数/1

金曜日夜22時



可愛らしい建物にひとりひとりと仲間が集まってくる



「すっご~い翡翠なんでそんなこと知ってるの?」「俺はなんでも知ってるんだ」「それ今月号のナントカ(男性月刊誌)にのってたよね?」「美和子!それをいうな」「あの記事書いたライター俺の知り合いあいつキャバクラとか大好きでさ」「春男?知り合いなのか?」「俺は顔が広いから」「美和子!美和子!ワインちょうだい」「みちるワインなにがいい?」「ナントカ(白ワインあまり高くない)炭酸水でわってね」「美和子!俺にはアイスティをくれ」「忍はアイスティね?ミルクとガムシロップは?」「ミルクもガムシロップもたっぷりいれてくれ」「美和子チーズだして」「リッツ」「野菜サラダ」「はいはい」「美和子俺もキッチンにはいる」「助かるわ春男」「ばっちりしきってやる」「美和子炒飯くれ」「なに?翡翠お腹すいたの」「ペコペコだよ夕食食べずにきたから」「美和子ファンタグレープ」「真奈美珍しいわね」「私大好きなの」「へぇ~」「アイスティ」「白雪ミルクとガムシロップは?」「いれないでストレートでいいの」「こんどEXILEのバックで踊るの女子がいいんだって」「真奈美すごい」「俺はナントカのバックで叩くあのボーカルむちゃくちゃいいヤツでさすぐ仲良しになったぜ」


小説を読む