ケータイ小説 野いちご

浅葱色の約束

作品番号
1067449

最終更新日
2015/12/1

浅葱色の約束

雪城玖美/著 ジャンル/歴史・時代
6ページ
PV数/195・総文字数/1,481

―――時は動乱期。
京の都。
この時代において、華やかな場所があった。

所の名は、島原。

ここで、一人の少女と彼らは出会った。

少女は幸せだった。

ところが―――。
ある日、希望をなくした少女。
そんな彼女を救うのは、いったい誰…?

「帰る場所がないなら、ここに帰ってきなさい。」
父のような、局長さん。

「居場所がねぇなら、作ってやる。」
不器用だけど優しい、副長さん。

「しょうがないから、僕が守ってあげます。」
小悪魔な一番組組長さん。

「自分の道を進めばいい。」
無口だけど、導いてくれる三番組組長さん。

「俺ら/私たちを頼りな/さい。」
家族のように接してくれた皆さん。

―――ありがとう。
私は、皆さんと出会えて、
本当の幸せを知りました。

そして、素敵な感情を教えてくれて、
ありがとう…〇〇さん。




❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀
史実と違うところが、あると思いますが
寛大な心で許してください!!!←www


小説を読む