ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 新学期SP【お題】

    「あ、桜…」

    新学期、最初の登校日。いつもの通学路を歩いていると、ふわりと目の前を横切る薄紅色の花弁。

    「まだ残ってたんだ」

    また、ひらり。数枚の薄紅色に釣られるように顔をあげる。時季はとうに過ぎてはいるけど、小さな花が幾つも風に揺れていた。

    「やっぱり好きだな、桜」

    昔から、桜が好きだった。

    もう花は散ってしまったと思っていたから、残っていたのが何だか嬉しくて、見上げながらゆっくり歩く。

    刹那、風が吹いた。

    「…っ」

    咄嗟に目を瞑る。

    風がやんで、瞼を開いた先にいつの間にか一人の男の子が立っていた。

    思わず声が溢れた。

    「桜…」

    その声は耳に届いたようで、振り向いた彼は笑う。

    「よくわかったね」

    「え?」

    「名前。…ねぇ、学校同じだよね?制服同じだし」

    「う、うん」

    桜色の髪の彼は、私の前で綺麗に微笑んだ。

    「俺、佐倉 隼人。これからよろしく?」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 廊下
    • 新学期SP【お題】

    「あれ?凜?」

    凜「あ、先輩っ!」

    「ここ、受けたんだ」

    凜「あれ?言いませんでしたっけ?」
    優「俺は知ってたぜ?」
    ヘラッと笑う優は俺の幼なじみ

    そして凜は俺らが大事にしてる後輩

    凜「これからもお願いしますね?先輩っ!」
    嬉しそうに笑う凜

    「ーーーな?」
    凜が顔を赤くする


    優「何吹き込んだんだよ!」
    言えるわけねぇ

    覚悟しとけよ?俺の女にして見せるからな?

    何てカッコつけて言ったなんて///

    凜「先輩のバカっ」




    思いが通じるのはまだ先になりそうだな///

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 新学期SP【お題】

    「春陽と一緒に過ごすのっていつぶりだろ」

    「中学になってからは話してもないから、小学生以来じゃない?」

    麗らかな日差しと春風。

    「眠たいな……」

    「んじゃあ、昼寝すれば?」

    ポンポンと優は自分の膝を叩いている。

    「え、じゃあ……お言葉に甘えて……」

    高鳴る私の心臓がうるさい。

    でも、単なる私の片思いなんだよね?

    優の膝に頭の任せて目を閉じる。

    優が髪をすいているのがわかる。

    どうか、このうるさい鼓動が聞こえませんように。

    「春陽、俺さ……お前のことがずっと好きだった。一生幸せにするから付き合ってくれ」

    突然のことに驚いて目を開ける。

    「好きって……」

    「春陽のことが好き」

    「わっ、私も!優くんのこと、大好きだよ!こんな私でよければ付き合ってください!」

    唇に柔らかなものが当たっているのが分かる。

    「んっ……!」


    「春陽……好きだ」

    「私も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された会員の情報がありません。

トップ

▲