ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年01月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 帰宅中

    ○ 幼なじみと帰宅中 ○


    『おい帰るぞ』


    いつも聞く声、いつも隣にいる幼なじみ


    「うんーわかった帰る帰る」


    これが私の日常となっている


    道路側は何にもいわずに決まって道路側を歩いてくれる


    「今日ねー!転校生の帰国子女が来たんだけど挨拶がわりに ってハグしてもらったんだ〜かっこよかったなぁ」


    『へぇ。良かったじゃん』


    あんまり興味がなさそうな幼なじみ



    「何よ。冷たいなぁ……!?怒」
    (そんな私に興味ないのか…)



    『・・・・俺だってな男なんだぞ?
    お前のことを幼なじみとして1ミリも思ったことない俺が お前のことを1人の女として毎日過ごしてる俺が
    そんな話を聞きたいと思うのか?』



    耳を真っ赤にして下を向く幼なじみ


    「えっ…」


    『二度と言われねぇ。帰るぞ。黙って隣歩いてて。』



    不器用な幼なじみは私をいつも想ってくれる優しい人です

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「あなた、金城君とどんな関係なの?」

    私、友原亜美は現在幼馴染の金城葵くんとの待ち合わせのため、彼の学校に来ています。

    「どんなと言われましても…幼馴染です。」

    おそらく葵くんのファンであろう人達から質問を受け、心臓バクバクの状態

    彼は昔からモテているので、こうやって質問されるのも今に始まったことではないのですが、いつまでたっても慣れることはありません。

    (葵君にメッセージを送って、違うところで待ってよう…)

    そう思って移動しようとしたその時、

    ふと背中に温もりを感じた。

    「亜美は俺の大事な女の子なんだ!仲良くしてくれると嬉しいな!」

    とびっきりの笑みを浮かべた葵君がいた。










    いつも私を助けてくれて、

    いつも一緒にいてくれて、

    「葵君…大好きだよ。」

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    立ち入り禁止の屋上。
    放課後、誰もいないのを見計らってつい入ってしまった。
    こうゆうのやってみたかったんだよねぇ。

    私は風に吹かれながら柵に寄りかかって景色を眺める。

    「こら!」

    ビクッとしておそるおそる後ろを見ると、そこにいたのは年上の幼馴染の優ちゃんだ。

    「優ちゃんか!びっくりさせないでよ」
    「優ちゃんじゃない、先生だろ」
    「…知らない」

    小さい頃から大人っぽくてカッコよくて私の憧れの人、優ちゃん。
    でも、高校の教師になった優ちゃんは私と恋愛するなんてありえない。
    ただでさえ年が離れすぎて振り向いてもくれないのに。

    「なんかあったのか?」
    「何もありません」
    「…ふてくされんなよ〜」

    優ちゃんが私の頭にポンっと手をのせる。

    「機嫌直せよ、夏帆」

    いつもは、苗字で呼ぶくせに。
    こうゆう時だけずるいよ。

    「優ちゃんのばーーか!」

    それだけ言い残して私は帰った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Sytry❦

【会員番号】988739

【性別】男

【誕生日】1月9日

【自己紹介】シトリーと読みます♪

基本読むのも書くのも大好き‼

よろしくお願いします♪

ps,しばらく修行の旅に出ます!

【おススメの本】狭き門

【マイリンク】

【血液型】A型

【星座】やぎ座

【身長】175cm

【体重】58kg

【握力】55

【趣味】ギター!映画の脚本作り!

【特技】PH

【持っている資格】色々。英検準1級。(なぜかもってる)秘書検定2級

【自慢なこと】ギターはレフティ。

【好きな言葉】悲劇に感謝。俺の芸術には必要なものだから。

【将来の夢】その都度変わる♪

【尊敬する人】Randy Rhoads, Tony Iommi, Kurt , Clapton, Jimmy,

【好きな芸能人】NON STYLE。おぎやはぎ。

【好きな男性のタイプ】悪目立ちしない奴

【好きな女性のタイプ】優しい人

【カラオケでよく歌う曲】crazy train, the kids are alight, smells like,etc

【好きな食べ物】サーモン♪

【好きな教科】なんでも

【嫌いな教科】特になし

【好きなテレビ番組】世界仰天ニュース!

【好きな映画】ヒッチコック全般。カルトホラー。実はスプラッタなのは無理!

【好きな音楽】British rock(ozzy,Zeppelin,the who,black Sabbath)

【好きなブランド】Gibson

【好きなコミックや雑誌】H×H←ハンターハンターのことです。

【好きなキャラクター】チップとデールのデール!

【好きな場所】綺麗なトイレ(大型スーパーとかの)

【好きな人の名前】N.Y.M.G

【とっておきの時間の過ごし方】図書館を占拠する!

【手放せないもの】レスポール

【マイブーム】ジム・モリソン

【今一番欲しいもの】Jackson, Dinky

【今一番行きたいところ】ローンドーン

【最近感動したこと】教授の優しさによって単位が救済されたこと(笑)

【最近自慢したいこと】女友達の友達にイケメンって言われたこと(笑)

【最近ひそかに興味があること】グランジ。パンク。

【生まれ変わったら?】80年代に生まれてギターを弾きたい!

【地球があと24時間しかなかったら?】地球が滅びようがあと50年生きてやる(笑)

【ずーっと疑問に思っている事】女子の言うヤバいって??

【今までの人生で素敵な思い出】カンボジアで運動会を開いたこと!

【1ヶ月に読む本の数】20冊

【感動した小説のフレーズ】知覚の扉を清めれば、万物の本質が見えるはずだ。無限に。

【誰かこんな小説書いて!】書いた人がおもしろいと思うアイデアならなんでも見てみたい!

▲