ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「お、終わったか?もう帰っていいぞ。ありがとな」

    担任のその一言でやっと委員会の手伝いから解放された。

    「最悪…、めっちゃ暗いじゃん、」

    他の委員会のメンバーにも遅くまで居残りさせる訳にも行かず、かといって友達からも苦手なものなさそうって言われるから素直に待っててって言えず…。

    「……こんなことなられいに話して待っててもらえばよかったな、」

    れい とは私の幼馴染の零也。
    まぁ、あいつが私のこと待つわけないもんね。
    と、一人で呟きながら仕方ないと、一歩踏み出した瞬間_____

    「ばーか。おせーよ澪」
    「れい?!なんで?!」

    急に声をかけられて、驚かない女子はいない。きっと、いや絶対に。

    「…あのなぁ、何年幼馴染やってると思ってんだよ。お前、暗いの苦手だろ?」
    「え、じゃあ待っててくれたの?ずっと?」
    「うっせーな。ほら、はやく帰ろーぜ。

    お前は俺が守るから、怖くねーだろ?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

루나―ルナ

【会員番号】960989

【性別】女

【誕生日】7月22日

【おススメの本】君の膵臓を食べたい

【HNの由来(本名はダメ!!)】とくになし

【生まれたところ】日本

【血液型】A型

【星座】蟹座

【身長】150cm

【体重】よんじゅう・・・

【足のサイズ】23.5cm

【握力】25

【髪型】ロング

【趣味】本を読むこと

【特技】なーい

【性格】めんどくさがり

【持っている資格】なーい

【自慢なこと】なーい

【好きな言葉】3度目の正直

【将来の夢】決めてない

【好きな芸能人】吉沢亮

【好きな男性のタイプ】かわいい、やさしい

【好きな女性のタイプ】たくさん話す、やさしい

【似ている芸能人】わからない

【よくやるくせ】髪の毛を触る

【口ぐせ】そうなん

【自分が一番輝く瞬間】テスト返し

【ある休日の過ごし方】本を読む、音楽聞く

【よく遊ぶところ】イトヨー

【カラオケでよく歌う曲】合唱コンクールで歌った曲をみんなで歌う

【好きな食べ物】チョコレート

【嫌いな食べ物】しいたけ

【好きな教科】国語

【嫌いな教科】数学

【好きなテレビ番組】ミュージックステーション

【好きな映画】恋愛もの

【好きな音楽】SEKAI NO OWARI、TWICE

【好きなブランド】adidas

【好きなコミックや雑誌】なんでもすき

【好きなキャラクター】すみっコぐらし

【好きな場所】なし

【好きな人の名前】❌

【好きな季節】夏

【とっておきの時間の過ごし方】1日家で過ごす

【手放せないもの】タブレット

【マイブーム】韓国語覚える

【今一番欲しいもの】新しい帽子

【今一番行きたいところ】スタバ

【今一番やりたいこと】なし

【最近感動したこと】君の膵臓を食べたいの小説を読んだ

【最近初めて知ったこと】私がクロールで二十五メートル泳げないこと

【最近ひやっとしたこと】昔、幽霊が見えてたとお母さんに教えてもらったこと

【最近うらやましいこと】彼氏がいる人

【最近頭にきていること】学校にクーラーがないこと

【最近凹んだこと】好きだった人が転校すること

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】いじるのやめて!

【最近自慢したいこと】本を読むスピード早い

【最近笑ったこと】なーい

【最近ひそかに興味があること】なーい

【最近恥ずかしかったこと】プールぜんぜん泳げないのみんなに見られたこと

【生まれ変わったら?】男の子になりたい

【地球があと24時間しかなかったら?】みんなに言いたかったこと言う

【1億円あったらどうする?】全部好きなものを買う

【願いが3つかなうとしたら?】彼氏、幸せ、お金 笑

【ずーっと疑問に思っている事】どうやったら泳げるのか

【今までの人生で素敵な思い出】まだない

【好きな人と出会いたい場所】学校

【癒されること】甘々な話読むこと

【誰にも言えない秘密の話】クラス全員嫌い

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】今月は30冊くらい

【1ヶ月に読む本の数】今月はケータイ小説合わせて32冊ぐらい

【よく使うネットサイト】Google

【よく使うモバイルサイト/アプリ】モンスト

【よく読む雑誌】りぼん、Sho-Comi、LaLa、別冊マーガレット

【使っている携帯電話】タブレット

【感動した小説のフレーズ】君は嫌がるかもしれないけどさ。私はやっぱり。君の膵臓を食べたい

【誰かこんな小説書いて!】甘々な話

【1日だけ透明人間になったら何をする?】すきな人について行く

【今まで生きてきて一番痛かったこと】思いっきりすべって角に頭ぶつけて頭に穴空いて血がたくさん出てきたこと

▲