ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    私の恋は絶対に叶わない恋ー。

    放課後ー。私は家に帰りたくなくて一人教室に残っていた。
    「はあ…」
    暗くなった外を見て溜め息をつく。
    「まだいたのか、結菜」
    「先生!」
    振り向くと担任の高宮先生がいた。
    「今は二人だけだし、お義兄さんでいいよ(笑)」
    「え?…うん…」
    "お義兄さん"つまりこの人はお姉ちゃんの旦那さんで、そして私の大好きな人…。
    「俺ももう帰るから一緒に帰ろう。玄関で待ってて。」
    そう言って私の頭をぽんぽんってするお義兄さん。私は顔を赤くして頷く。
    「じゃあ、すぐ行くから。」
    そう言って教室を出ていくお義兄さん。
    「待って!」
    「どうした?」
    ダメ…
    「私…お義兄さんの事が…」
    好き…
    「…やっぱ何でもない…」出かかった言葉をギュッと飲み込む。
    「何だよ、それ(笑)」
    好き…そう言ったらお義兄さんを困らせてしまうから。
    「だって、忘れたんだもん。」
    今日も私は義妹を演じる…

    開く閉じる

    • 切ない
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「放課後教室で待ってて。話があるんだ」
    そう言ったミナト
    私はドキドキとしながら教室で待つ
    ずっと親友というポジションにいた私
    でも、本当はずっと、ずっと、ミナトの事が好きだった
    「話がある」って何?
    つい期待をしてしまう
    だってそうでしょ?
    わざわざ放課後に約束するだなんて…
    まだかな?とソワソワとし出したとき、ミナトが教室へやって来た
    その姿を見て、私の心臓がドキドキからズキズキに変わる

    「彼女ができた」

    幸せそうに照れながら、横にいる彼女を引き寄せ言ったミナト
    そんな彼を見て、私はーーー



    「おめでとう」


    本当の気持ちを押し隠し、笑顔で答えた

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 夏休み
    • 建物裏
    • 後ろからギュッ

    「愛珠、どうした? ちょっと落ち着いて。自分が好きなの言いなって言ったけど、手当たり次第言えってことじゃ無いんだよ?」


    ――ねえ隼人。私を、嫌わないで。



    出来るだけ笑顔を作って、普通に振る舞うように努める。



    「今までさ、意見聞かれるようなこと無かったからやっぱ分かんないや。ごめん。お揃いの物は隼人が選んで?」


    顔を上げてへへっと笑い、隼人の顔を見ずに立ち去ろうとする。


    ――ギュッ



    「っ……はや、と」


    隼人は何も言わず、ただ私を抱き締めた。


    「はなし……」



    頭を撫でられて、何も言えなくなる。
    ギュッと胸が苦しくなって、何故か無性に泣きたくなった。



    「隼人……」


    「何……?」


    「嫌わないで。お願い」


    「嫌わないよ。大丈夫だよ、愛珠。大丈夫」


    ただ隼人の腕の中は温かくて、優しくて、しばらくの間、私は彼に包まれていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

町川未沙

【会員番号】891593

【性別】女

【自己紹介】*☆*☆*


和風ファンタジーやラブファンタジー、コメディー要素のあるものが大好物です

思いついた時にしか書いてないので、めちゃくちゃスロー更新。でも一応書いてます


更新中:第一王子に、転生令嬢のハーブティーを

【マイリンク】

【生まれたところ】イオンだけはある田舎

【握力】利き手の方が弱い

【趣味】アニメ見ながらの手芸

【性格】優柔不断

【好きな言葉】自分を憐れむな。 自分を憐れめば、人生は終わりなき悪夢だよ。

【好きな男性のタイプ】普段はヘタレっぽいけどいざという時にカッコイイ人(二次元限定)

【好きな女性のタイプ】ツンが弱めのツンデレ(もちろん二次元)

【口ぐせ】ほんとそれな

【自分が一番輝く瞬間】突然の土砂降りに見舞われた時(物理的輝き)

【ある休日の過ごし方】起きる→食べる→寝る

【よく遊ぶところ】出歩きません。

【好きな食べ物】台湾ラーメン

【嫌いな食べ物】わさび

【好きな映画】るろうに剣心

【好きな音楽】雨のち感情論

【好きなコミックや雑誌】文豪ストレイドッグス

【好きなキャラクター】安室透(名探偵コナン)谷崎潤一郎(文スト)銀次(かくりよの宿飯)奥沢美咲(バンドリ)

【好きな場所】図書館

【好きな季節】5月ぐらい

【今一番欲しいもの】時間

【最近初めて知ったこと】めかぶがワカメの一部だということ

【最近ひやっとしたこと】階段踏み外しそうになった

【最近頭にきていること】自分が書いたものの誤字の多さ

【最近凹んだこと】誤字多すぎやろ

【最近自慢したいこと】目覚まし止めるまでの速さ

【ずーっと疑問に思っている事】「最近」ってどのぐらいの期間ことを言うのか

【誰かこんな小説書いて!】和風ファンタジーが読みたいです

【1日だけ透明人間になったら何をする?】「関係者以外立ち入り禁止」って書いてあるところに片っ端から入る

▲