ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • 授業中
    • 教室

    机の中を焦りながら探す。

    「やばっ、教科書忘れちゃった。次の授業あと1分で始まるのに」

    いつも借りに行く相手は少し離れた教室。
    1分で借りて戻ってくることは到底不可能だ。
    私は諦めることにした。

    でも……

    私の席の隣は基本話しかけても無視するか一瞥しかくれない超絶クール男子、篠崎凛斗。
    色々考えているうちにチャイムが鳴って授業はスタート。

    「はいじゃあ教科書開いて…」

    どうしよう、怖い。
    私はノートとプリントを机の上に広げてなんとかバレないようにするのに必死だった。

    「おい」

    隣から確かに彼の声。

    「忘れたんだろ?教科書」
    「うん…」
    「ほら」

    そう言って彼は私の方に机を寄せる。
    信じられなかった。
    キョトンとしていると、

    「見せてやる代わりに、これから俺の言うこと聞いてもらおうか」
    「えっ 」
    「嘘に決まってる。早くこっち来い」

    彼はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 嫉妬

    私は安藤彩華。この幼馴染の柊には、「さや」と呼ばれている。

    『今日ね』
    「うん」
    『なんと、この私が』
    「うん」
    『告白されました!!』
    「…は?」

    驚いてる驚いてる。当たり前だよね、私にモテる要素なんてないんだから。

    「…誰にだよ」
    『2組の浅野くん』
    「…あそ」

    聞いといて「あそ」って何よ!なんて思っていたら、

    「…付き合うの?」

    と、柊が聞いてきた。

    『どうしよっかなーって考えてるとこ!』
    「そいつのこと、好きなの?」
    『どうだろ、わかんないや』

    すると柊はいつもより真剣な表情になって、

    「さやは俺とそいつどっちが好き?」

    なんて聞くから、私は真っ赤になって

    『しゅ、柊…だよ?』

    と言うと、柊は

    「んだよそれ、反則すぎんだろ…」

    と私と同じく真っ赤な顔をして、私を抱きしめた。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 帰り道

    「ヒャッ…!犬!?」


    下校途中苦手な犬が近寄って来て、体が固まる。


    「……お前、何してんの?」


    「あっ…お願い助けて!」


    偶然通りかかったクラスメイトの男の子により、散歩から脱走中だった犬は無事飼い主の元に戻った。


    「いい年して犬位でビビってんじゃねぇよ。じゃあな」


    「待って!“ありがとう”だけじゃなくて、もっときちんとお礼させて!!」


    クラスでも寡黙な彼は学校外でもクールで、さっさと離れようとする所を慌てて呼び止めた。


    しかし振り向いた彼の眉間には、深いシワ。


    「いいよ別に。男が女を守るのは当然の事だろう」


    「えっ……」


    「どうしてもって言うなら、誰か困ってる人がいたらその人助けてやれ。そんじゃ今度こそサヨウナラ」


    スタスタと遠ざかる背中を、ポ~~ッと見送る。


    別の意味で女の子として守られたいと、ちょっぴり思い始めた瞬間だった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

○oサリポン○o。.

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:ルーラ( *・ω・)(初回登録:2015/04/12)
  • 2:○oサリポン○o。.(変更1回目:2015/07/03)

【会員番号】761838

【性別】女

【誕生日】2月15日

【自己紹介】サリポンです。

初心者ですが、たくさんの人に読んでもらえるように頑張ります


話の展開が早くなったり、よくわからないことになるとも思いますが、気軽にやっていきます!


ファンになってくださったかたありがとうごさいます!


レビュー、感想、ありがとう

【血液型】A

【星座】水瓶座

【体重】秘密さ

【足のサイズ】34

【握力】31!!

【髪型】セミロング

【趣味】サックスを吹くことかな

【特技】まとめあげること

【性格】頼りがいがあります。

【持っている資格】書道一級、ソロバン6級

【自慢なこと】ゴッホのリアルな絵を書いたぞ

【尊敬する人】親友

【好きな男性のタイプ】好きになったひとかな

【みんなから○○と呼ばれている】内緒で

【よくやるくせ】耳を触る

【口ぐせ】しゃー

【ある休日の過ごし方】部活やなぁ

【よく遊ぶところ】最近どこもいかんわー

【カラオケでよく歌う曲】ボカロとかアニメ

【好きな食べ物】みかん!

【嫌いな食べ物】うなぎ

【好きな教科】社会

【嫌いな教科】英語

【好きなテレビ番組】イッテQ

【好きな映画】君に届け

【好きなキャラクター】フェアリーテイル

【好きな季節】春

【とっておきの時間の過ごし方】小説を見たり❗

【手放せないもの】ペン

【マイブーム】サックスについて、吹奏楽について日々研究

【今一番欲しいもの】服?

【今一番やりたいこと】勉強に没頭

【最近感動したこと】んー

【最近初めて知ったこと】金星にいける人間

【最近ひやっとしたこと】階段から落ちそうになった

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】バーガー‼

【最近ひそかに興味があること】ボランティア

【最近恥ずかしかったこと】一人で頭打ったこと

【生まれ変わったら?】桜になりたい

【地球があと24時間しかなかったら?】お金を使い込む

【1億円あったらどうする?】貯金

【今までの人生で素敵な思い出】親友と仲直り

【癒されること】愛犬

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】30冊

【1ヶ月に読む本の数】わかんない

【よく使うネットサイト】エブリスタ

【よく使うモバイルサイト/アプリ】ライン

【使っている携帯電話】スマホ

【1日だけ透明人間になったら何をする?】道路に寝転がりたい

【今まで生きてきて一番痛かったこと】人差し指を強打

▲