ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    私、清水泉来(シミズミライ)には、好きな人がいます。

    彼は茶倉湊(サクラミナト)。

    中二から二年連続で同じクラスになって、隣の席になってから、よく話すようになった。

    よく面白い話をしてくれて、素直な彼の前では嘘は付けないはずだった。

    中二の後半には、遊びに行く仲になってて、どこかに出かけるのはすごく楽しかった。

    でも、それはある日突然崩れてしまった。

    いつも通りに遊びに行って、ファーストフード店で言われた言葉を、今でもはっきり覚えてる。

    「俺、好きな人出来た」

    それから出かける度に彼女の話ばかりするようになった。

    こんなに近いはずなのに遠く感じる。もう、たえられない……!

    「最近、その話ばっかり!つまんないよ!変わっちゃった!今の湊、嫌い!」

    それが彼についた初めての嘘だった。

    私はすぐ、逃げて気づかなかった。

    彼が目を見開き、頬に流れ星を流したことを__。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 夜中
    • 告白?

    時刻は夜中の一時。
    「先輩、明日は話さないのでゆっくりしててください。」
    先輩は、バイトもして学校に来ていていつも疲れた顔をしている…ものすごく心配なためそうやって言ってしまった……
    「え…やーだァ、話すの!」
    「だーめーでーすー」
    「お前は、俺の言う事聞いていればいいの」
    そして、独占欲が強い時があります。
    「それだけは、聞けんよ。」
    「なんで?」
    「何でもです、じゃあなんで話したいんですか?」
    「好きだから……それじゃあダメ?」
    「………分かりました
    …自分も話していたいし(小声)」
    「え?何聞こえんかった」
    「…自分も話していたいです!」
    「…その言葉を待ってましたよく出来ました… (ニヤリ」
    という会話をいつもして、押しに負けてしまってます…
    まぁ、好きだからいいんですけど
    「お前は、俺以外と話すの禁止ね」
    「分かりました。。。」
    クダグダになってしまい、申し訳ございません。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 倉庫
    • 後ろからギュッ

    倉庫で二人っきりで過ごした後。
    気付いたら、寝すぎてしまった。


    「やばっ!!
    リナちゃん、可愛い!」

    「馬鹿。
    志貴さんが起きたらーーやばいから早く出るぞ!」

    なんか、うるせーな。
    パチっ、と目が覚めて後ろからギュと抱き締めていた温もりにーーーー。
    ハッ、とした。
    目の前のリナは、無防備にスヤスヤ寝てる。

    目の前にいる野郎共。

    「見た?」
    「「いえ!見てません」」

    なんか、震え上がってる。
    「あー良かった。
    じゃあ、出てって。」

    後ろからギュ、と抱き締めた。
    「あの、志貴くん、恥ずかしいですっ」
    いつ起きた?
    俺は、リナを見つめた。
    「誰にも、見られたくない。
    俺だけのリナっ」
    誰にも見せない、大切な君。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

やよい雛徒

【会員番号】69661

【自己紹介】《新着》
単行本『イミテーションスカイ』(価格1365円・別名義)全国大型書店様で発売中! 若者向けエンターテイメントで、四六判の大ボリューム! 宜しくお願いします(*^o^*)


《新着》
商業モバイルゲーム『恋娘もののけ絵巻』(NTTソルマーレ社配信)も是非プレイしてみてね!

詳細はサイト【雛庵】へ

▲