ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。


    雅のためにチョコを作ってきた私は、放課後の教室に彼を呼び出す。


    「どうした?急に呼び出して。」


    「あ、や、あの……」


    でも、目の前にすると、うまく喋れない私。

    そんな私にしびれを切らしたのか、


    「用ないなら帰るぞ。」


    そう言って教室を出ていこうとする。


    言わなくちゃ……



    そう思っても、中々声にならない。そうしていくうちに、どんどん雅は離れていく。


    彼がドアに手をかけた時、私は咄嗟に彼の腕を掴む。けれど、雅は振り向いてはくれない。



    それでも私は話しかける。



    「チョコ、作ってきた。……食べてよ。」


    ちゃんと言えた……!


    心の中で喜んでいると、雅は急に振り返り、


    「フッ……やっと言った。」



    口角を上げて意地悪そうに言う。そして彼は、


    「俺からもやるよ。」



    と言って、私に甘いキスをしてきた────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。



    「なあ、急に呼び出してどうしたんだ?」



    『いや、あ、の……。』



    やっぱり本人を目の前にすると、うまく喋れない。



    「用ないなら帰るぞ。」



    中々喋らない私にしびれを切らしたのか、教室を出ていこうとする雅。



    このままじゃ、渡せない……。



    彼の背中を見つめるも、止まってくれるわけも無くどんどんとドアに近づいていく。



    『……ま、まって!』



    咄嗟に彼の腕を掴んだものの、振り返ってはくれない。



    ……ここで負けちゃダメだ。



    『……チョコ、作ってきた。……食べてよ、雅。』



    やっと言えた……。



    と思ったら、雅が突然振り返って、抱き締めてくる。



    「フッ……やっと言った。」



    雅は鼻で笑ったあと、口角を上げて意地悪そうに私を見る。



    「俺もやるよ。」



    そう言って、雅は私に甘いキスをした─────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    なんだかんだ言って思い出してしまうあの頃。
    楽しくて、毎日勉強はダルかっけど好きな人と会えるのは嬉しかったし、話せると時間が立つのが早い。
    みんなはどうかわからないけど私は、

    会えなくても、

    忘れられてても、

    相手に彼女ができちゃっても、

    好きじゃなくなる、ましてや、嫌いになれたり忘れたりでかないのだ。

    漫画みたいに振られたら他の人から告られた!みたいな展開もないし、

    他に移ることが困難。

    どーやってあきらめたらいい?

    君にとって私はただの同級生でしかない?




    あなたの本音を聞きたい。


    そんなことを考える授業中。
    授業中って結構暇で、こんなことを考えて、私バカだなーとか思うんだよね。

    一度だけ「めい」って呼ばれて、すっごい嬉しかったのを覚えてる。
    その日から諦めるなんて選択肢はどこか行ってしまった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

みさろ

【会員番号】692063

【性別】女

【誕生日】4月4日のオカマの日

【自己紹介】こんにちは!みさろです!

小学生の時に自作にハマり、20歳になった今でも趣味としています

まだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いします!

【おススメの本】深町なかさんのほのぼのログ

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】友達がつけてくれました ( ¨̮ )

【生まれたところ】栃木県の森の方

【血液型】OかBと言われるA

【星座】おひつじ

【身長】152

【体重】りんご3つ分

【足のサイズ】りんご2つ分

【握力】バナナ握り潰せるくらい

【髪型】ボブ

【趣味】小説を書くこと

【特技】サックス吹けます

【性格】飽きっぽくガサツ

【持っている資格】メイク、ネイル、着付け、サービス接遇

【自慢なこと】生きていること

【好きな言葉】海老で鯛を釣る

【将来の夢】ヘアメイクアーティスト

【尊敬する人】深町なかさん

【好きな芸能人】窪田正孝、竹内涼真、有村架純、斎藤工、松岡茉優

【好きな男性のタイプ】猫系の人

【好きな女性のタイプ】サバサバした天海祐希みたいな人

【似ている芸能人】目元だけはガッキー(と言われたことがある

【みんなから○○と呼ばれている】これ言ったら本名ばれるやん…

【よくやるくせ】顎触る

【口ぐせ】みたいなみたいな?

【自分が一番輝く瞬間】絵を描いているとき

【ある休日の過ごし方】撮影

【よく遊ぶところ】カラオケ

【カラオケでよく歌う曲】主に邦ロック

【好きな食べ物】トマト、たまご、ちー鱈

【嫌いな食べ物】ピーマン

【好きな教科】社会

【嫌いな教科】数学

【好きなテレビ番組】銀魂

【好きな映画】銀魂

【好きな音楽】邦ロック

【好きなブランド】使えるものすべて私のブランドです

【好きなコミックや雑誌】銀魂

【好きなキャラクター】坂田銀時

【好きな場所】布団

【好きな人の名前】窪田正孝、竹内涼真

【好きな季節】秋

【とっておきの時間の過ごし方】秋の夜の風に吹かれながら星を撮る

【手放せないもの】金

【マイブーム】カメラ

【今一番欲しいもの】金

【今一番行きたいところ】窪田くんの腕の中(キャ-)

【今一番やりたいこと】経営者

【最近感動したこと】腹筋が2ヶ月でつき始めたこと

【最近初めて知ったこと】デニーズという服屋が近くにあったこと

【最近ひやっとしたこと】親指と人差し指の間にある皮みたいなところがこれでもかってほど伸びて裂けるかと思った

【最近うらやましいこと】ダイエット成功させた芸能人

【最近頭にきていること】自分の足の太さ

【最近凹んだこと】自分の足の太さ

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】日光は栃木だから!!!!

【最近自慢したいこと】夏休みから3キロ痩せました

【最近笑ったこと】学校でいつも笑ってます

【最近ひそかに興味があること】カメラマン

【最近恥ずかしかったこと】お菓子を開けて袋を捨てようと思って投げたらお菓子を投げてたこと

【生まれ変わったら?】ナマコになりたい…

【地球があと24時間しかなかったら?】いつも通りの生活

【1億円あったらどうする?】ないから考えない虚しい

【願いが3つかなうとしたら?】魔法使いにしてください

【ずーっと疑問に思っている事】サトシやサザエさんの年

【今までの人生で素敵な思い出】全てですけど…

【好きな人と出会いたい場所】鍾乳洞

【癒されること】猫と戯れているとき

【誰にも言えない秘密の話】誰にも言えないつってんのに何でここで暴露させようとしてんの

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】書く専門

【1ヶ月に読む本の数】書く専門

【よく読む雑誌】MERY

【使っている携帯電話】iPhone

【感動した小説のフレーズ】愛していると言ってくれ

【誰かこんな小説書いて!】私が書くよ!!!!

【1日だけ透明人間になったら何をする?】銀行強盗

【今まで生きてきて一番痛かったこと】銀魂グッズを家中に散らばらせていたこと

▲