ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 同居【お題】
    • 頭ぽんぽん

    女子高の男性教師というのは、どうしてこうも人気なのか。
    集中なんか出来てないくせに、休み時間にノートを開いてシャーペンを握り、たくさんの生徒に囲まれる先生を見つめる。


    「ミナ、化学室行こう」


    親友に言われて、ノートを閉じてシャーペンを筆箱にしまう。


    「相変わらず人気だなあ」
    「そ、そうだね」


    そんな会話をしながら、先生の横を通る。
    だけど、そのとき一人の生徒とぶつかり、筆箱を落としてしまった。
    さっききちんと閉めることが出来ていなかったらしく、中身がばらまかれた。


    急いでかき集める。


    「どうぞ」


    先生は消しゴムを差し出してくれた。
    先生を直視出来なくて、俯いて受け取る。


    すると、空になった先生の手が、私の頭に置かれた。


    「帰ったら可愛がってあげます。だから、今はいい子で我慢してて?」


    周りには聞こえない声。
    私は咄嗟に先生を突き放し、逃げ出した。

    開く閉じる

    • 同居【お題】

    いじめられていたわたしが、同棲したのは…
    15歳と27歳…歳の差カップルの行方は⁉

    開く閉じる

    • 先生

    私は学校で1番人気の千晶先生と同居している。同居のことは誰にも言えない2人だけの秘密。同居以外でも千晶先生とは秘密の関係がある。

    私達は幼馴染みだったけど、千晶くんは父親の転勤で引っ越したので離れ離れになったけど、教師と生徒として再会出来るなんて思ってもいなかったので嬉しかった。

    「千晶くん……朝ごはん出来たよ」

    「お前……学校では絶対に千晶くんって呼ぶなよ」

    「呼びませんよ。千晶先生」

    「どうやら余計な心配だったみたいだな。でもダブルブッキングの相手がお前で良かったよ」

    「私も同じだよ……千晶くん」

    「同居のことも幼馴染みであることも絶対に秘密だからな。お前の友達にも言うなよ」

    「それくらい分かってるよ千晶先生」

    私にはもう1つ秘密がある。千晶くんは私の初恋の人……おそらく私の片想いだから、この気持ちは胸に秘めて千晶くんとの同居することにしたのである。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

゚+Yumu+゚

【会員番号】638402

【性別】おんな

【誕生日】秋生まれ

【自己紹介】暖かい目で見てください。

【書いた小説一覧】

【おススメの本】んー

【HNの由来(本名はダメ!!)】なんのなく

【生まれたところ】日本

【血液型】AかOかABかB

【星座】秋のせいざ

【身長】160以下

【体重】60以下

【足のサイズ】25以下

【握力】20くらい

【髪型】おんなのこ

【趣味】漫画とか小説とか

【特技】体を動かす

【性格】まじめ

【持っている資格】ない、

【自慢なこと】スポーツ

【好きな言葉】めんでる

【将来の夢】支える人

【尊敬する人】めんでる

【好きな芸能人】めんでる

【好きな男性のタイプ】野球をやってるめんでる

【好きな女性のタイプ】可愛らしいめんでる

【似ている芸能人】めんでる

【みんなから○○と呼ばれている】めんでる

【よくやるくせ】めんでる

【口ぐせ】んー

【自分が一番輝く瞬間】めんでる

【ある休日の過ごし方】めんでるの実験

【よく遊ぶところ】めんでるの家

【カラオケでよく歌う曲】めんでる

【好きな食べ物】めんでるが実験で用いたえんどう豆

▲