ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • 授業中
    • 教室

    ふぁ〜、眠い。
    午後1発目の授業が数学とか、眠いに決まってるじゃん。
    外をぼーっと眺めていると、肘をコツっと突かれた。
    「宮部さん、指されてる」
    教えてくれたのは隣の席の原くんだった。
    「えっ、あ、はい!」
    慌てて立ち上がると、細田先生が不機嫌な顔で私を睨んだ。
    「宮部、37ページの問2、解いてみろ」
    えっ、全然聞いてなかった!
    教科書からその問を探すが、難しすぎて解けそうにない。
    うわぁん、みんなからの視線が痛い…
    「どうした宮部、解けないのか」
    うわぁ、細田先生さらに不機嫌になる。
    危険な予兆だ助けて!
    そのとき
    「僕解いていいですか?解きたいんですけど」
    と言って、原くんが自ら前に出たのだ。
    「原がそう言うなら…宮部、問3解け」
    「は、はいっ」
    問3なら…解けそう!
    私は前に出て
    「ありがとう、原くん」
    と伝えた。
    すると彼が言った。
    「だって困ってる宮部さん、ほっとけないから」

    開く閉じる

    • 先生
    • 授業中
    • 教室

    「どんくさ。」



    火傷をした私の指を横目に、吐き捨てるように言うのは養護教諭の潮田先生。



    「怪我してる生徒によくそんなこと言えますね。」



    我ながら生意気な口を叩けば完全スルー。

    なんなんだ、この先生は。




    潮田先生は、その顔立ちのためにファンの生徒も多い。


    この前の体育祭でも
    応援席よりも救護席が盛り上がっていたくらいだ。



    けれど、私は苦手。

    この人のペースに乗せられるのが嫌。



    「女の子なんだから、指は特に大切にしな。」



    そう言って私の頭を軽くなでる。



    「結婚するとき困るよ?」



    作り物のような笑顔を私に向ける。

    こういうことをするから、女子生徒が群れるのだ。



    乗せられまいとその手首をつかむ。




    「セクハラで訴えますよ先生。」





    「安心しな。高校生なんてガキに興味はない。」








    ホントに、嫌な先生。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 部活中
    • 教室

    先輩は優しくない。







    「下手くそ。」







    私が一時間、集中して書いたデッサンを見てそう呟く。









    何か言い返してやろうと先輩のデッサンを覗こうとすれば






    邪魔、と言って追い返される。








    活動部員が先輩と私しかいないこの美術部の主導権は


    言うまでもなく先輩が握っているのだ。









    「もう下校時刻だ。さっさと片付けて鍵返してこい。」








    たまには先輩が返しに行ってくれてもいいのに。







    なんて口に出さず、はいはいと頷いて美術室の鍵を受け取る。









    「無駄話すんなよ。待ってるから。」






    教室を出たところで先輩が言う。








    「え?」








    「帰るでしょ。一緒に。」









    私の彼氏は優しくない。




    だけど、温かい人だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

加永原 彼方

【会員番号】628979

【性別】自称女の子

【誕生日】師走

【自己紹介】海のない県に住んでいる高校3年生です。
下手極まりない駄文しか書けないですが、
読んでくださればと思います。
現在鬼麟の加筆修正作業を行っております。

【書いた小説一覧】

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】某掲示板で書いていたファンタジー小説の主人公の名前。

【生まれたところ】病院(産婦人科)

【星座】いて座

【身長】156cm

【体重】1t

【握力】右 32kg  左 31kg

【趣味】読書

【性格】決していい奴ではない。

【持っている資格】英検3級、漢検2級、剣道2段

【好きな言葉】殺して解して並べて揃えて晒してやんよ

【将来の夢】年収1000万以上

【尊敬する人】西尾維新様

【好きな芸能人】かっきー•斉藤さん

【好きな男性のタイプ】白、水色、緑

【好きな女性のタイプ】ツインテ、ニーソ、絶対領域。

【口ぐせ】めんどくさい

【ある休日の過ごし方】お布団でゴロゴロ。

【よく遊ぶところ】オフトゥン

【好きな食べ物】三つ葉のお吸物

【好きな教科】国語、歴史

【嫌いな教科】理科、数学

【好きなテレビ番組】アニメ(深夜寄り

【好きな音楽】色彩

【好きなキャラクター】欺いてる人、殺人鬼、7

【好きな季節】春。

【手放せないもの】iPhone

【今一番欲しいもの】ペンタブ

【今一番行きたいところ】アニメイト。

【最近感動したこと】とある歌手が手を振ってくれた。

【最近うらやましいこと】バイトをしたいなー……

【最近頭にきていること】お金がない

【最近凹んだこと】お金がない。

【生まれ変わったら?】異世界の勇者になりたい(魔法使いでもいい

【1億円あったらどうする?】全て趣味につぎ込む

【願いが3つかなうとしたら?】願いを無限に。金をくれ。文才くれ。

【今までの人生で素敵な思い出】某ボカロPのイベント

【誰にも言えない秘密の話】ここだけの話、秘密がないのが秘密です。

【1ヶ月に読む本の数】10冊以上は必ず。

【よく使うネットサイト】Twitter•pixiv•野いちご

【使っている携帯電話】iPhone

【今まで生きてきて一番痛かったこと】指を縫い、抜く時に糸をぶちぶちと。

▲