ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • お昼休み
    • 屋上

    「でね、隣の席の羽野くんって子がね」

    トン

    「へ?」

    私の上には彼氏の悠

    「笑那」

    「な何?」

    「お前の彼氏は誰だ?」

    「ゆ悠デス」

    「だよな?他の男の事をずっと聞かされて嬉しいと思うか?」

    「オモイマセン」

    「これからは気をつけろよ」

    「ハイ」

    チュッ

    んんっ!?


    な長い...


    「お仕置き」


    カァァァァ/////

    「フッかわいいやつ」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 部活中
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    「ナイシュー!!」
    「どんまーい!!」

    暑い体育館の中で青春の声が響く。

    「5分きゅうけーい!!」

    この声で私の仕事の1つが始まる。
    バスケ部のマネージャーである私は一人一人にドリンクとタオルを配り始める。
    人数はそんなにいないから結構すぐ終わるけどね。
    最後は彼氏である碧(あおい)だ。

    「碧、お疲れ。これ、ドリンクとタオル」
    「ん。さんきゅ」

    あまり表情とか変わんないからほんとに私の事が好きなのか心配になる。
    それに、昨日切った前髪も気づいてくれない…。いや、気づかないかなとは思ったけどちょっと期待しちゃうじゃん?

    「休憩終了ー!」

    あ、もう5分たったのか…。

    「…あのさ、」
    「ん?何?」
    「…前髪、可愛い」

    碧はそれだけ残してコートに戻って行った。
    耳は真っ赤で頑張って言ってくれたのかな。

    「そういうのホントにズルいよ…///」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 帰り道
    • 後ろからギュッ

    「すっくん!帰ろ〜」


    「...ああ」


    「今日はね!〜なことがあってね!...」



    あっ
    靴ひもが...


    ...すっくん私が遅れてるの気づいてない



    やっぱり私のことすきじゃないのかな...?



    「...なにやってんの?早くきなよ」


    「...グズっ
    告白したのも、帰るの誘うのも喋ってばっかなのもいつも私」


    「なにいって...」


    「すっくんは本当は...私のことすきじゃないでしょ?」

    「...」

    なんで、なんも言ってくれないの

    「もういい、1人で帰るの!」




    ギュ

    「...わりぃ
    怒ってる美香も可愛いなって思って」

    「へ?」


    「たしかにいつも美香からだから
    今日は俺からデートに誘おうとおもって...
    緊張してて...」



    「そーだったんだ」





    ボソッ
    「それに、お前の可愛さに気づいたのは俺が最初だから」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

和泉りん

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:藤咲凛(初回登録:2013/12/02)
  • 2:藤島凛(変更1回目:2014/02/12)
  • 3:和泉りん(変更2回目:2014/02/13)

【会員番号】603714

【性別】れでぃ

【誕生日】二・二六事件

【自己紹介】訪問ありがとうございます!

ファンタジーがメイン
更新は気まぐれゆっくり派
重い話が書きたい今日この頃
エブリスタにも一応生息してます

感想等いただけると泣いて喜びます

【おススメの本】小野不由美『十二国記』、柴村仁『プシュケの涙』、紅玉いづき『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』

【マイリンク】

【生まれたところ】生粋の神戸っ子

【身長】161くらい

【体重】BMIは20.5

【握力】お蕎麦のお盆を指三本で持てる程度

【髪型】黒髪ストレートロングのサラサラじゃない方

【趣味】読書、展覧会巡り、お菓子作り、小説を書くこと

【特技】嫌なことは全部次の日には忘れてる

【性格】ひねくれもの。流行りものが基本的に嫌いっす。笑

【好きな言葉】成就した恋ほど語るに値しないものはない。「四畳半神話大系」より

【好きな男性のタイプ】他者との考え方の違いに寛容かつ面白さを見出せる人

【好きな女性のタイプ】サバサバしてて小気味のいい物言いができる人は話してて楽しい

【みんなから○○と呼ばれている】りんりん

【口ぐせ】せやな。

【よく遊ぶところ】主に阪神間に生息

【好きな教科】歴史、美術

【嫌いな教科】体育

【好きな映画】アバウト・タイム

【好きな音楽】大橋トリオ

【今一番欲しいもの】おかね

【最近ひそかに興味があること】陶芸やってみたいなぁ

【感動した小説のフレーズ】「わたしと楽俊の間にはたかだか二歩の距離しかないじゃないか」十二国記シリーズ「月の影 影の海」より

【誰かこんな小説書いて!】戦記もの

【今まで生きてきて一番痛かったこと】成績を鼻にかけてた中学時代

▲