ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年09月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 教室
    • 泣き恋【お題】

    「ほら、君はこれ持って。そっちは重いでしょ。」
    先輩のさりげない優しさが、私の心をじんわりと締め付ける
    「ありがとうございます。」
    手渡すときに少しだけ手が触れる。私は気が気ではないけれど、いつも優しい先輩は私の気持ちになんてちっとも気づいてないんだろうなあ。
    そもそも先輩には彼女がいる。可愛らしい彼女さんだった。
    私なんて到底かなうわけがない。
    でも、それでも、先輩のことが好きだから、こうしてせめて部活の間だけでもそばにいられたら、なんて思ってしまう。
    図々しいのは分かってる…つもりだけど。
    「困ってることがあったらいつでも言いなよ。できる限り、相談乗るから。」
    「え?」
    「最近、元気ないみたいだから。」
    「…ほんと、ずるいですよね。」
    「何か言った?」
    「ご心配ありがとうございますって言ったんですよ!」
    「そっかそっか笑」
    この関係をずっと続けていたいと思ってしまう自分が、嫌いなんだ。

    開く閉じる

    • 他校の人
    • 放課後
    • 告白

    好きな人に振られた

    ずっと好きで、勇気出して告白したのに…

    「ごめん、俺かわいい系が好きだから」


    って、ひどすぎでしょ!!!


    あんたのために、自分磨き頑張って、綺麗系がいいって聞いたから綺麗系になれるよう頑張ったのに!


    さんざんだ…なんか涙出てきたんだけど…



    「おい」

    誰ですか…こんなときに

    『何ですか…』

    だれこの人、隣の西高の制服?




    「好きだ」




    『んっ!?』


    「あんたを電車で見かけるたび、幸せそうな顔で、好きな奴のために頑張ってる姿がかわいいなって思って、気づいたら好きになってたんだ

    その笑顔も、努力も、気持ちも、
    全部俺のためになったらいいのにって思った

    俺と付き合ってくれ」



    あまりにも真っ直ぐな瞳


    振られたばかりの私は、すぐには答えられないけど


    これはきっと新しい恋の始まり


    そんな気がするんだ

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    俺さ…授業中ドジってるお前が面白くて仕方ねえの。


    放っておけないんだよ


    今度俺が

    勉強教えてやっても良いけど?





    いや、二人っきりっしょ。





    つまりさ…



    俺と付き合ってほしい

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

りあ♪

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:藤崎あかり(初回登録:2008/02/15)
  • 2:りあ♪(変更1回目:2008/08/01)

【会員番号】60341

【性別】♀

【自己紹介】読むのも書くのもファンタジーが好き。たくさんの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。

【好きな作家】

【マイリンク】

【血液型】O型

▲