ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン

    俺の好きな子はいつも一緒にいるグループのドジだけど笑顔が可愛い女の子

    俺たちは小さい頃からの幼なじみで!
    俺は昔から架乃のことが好きだった。

    でも架乃は大輝のことが好きなんだろな〜

    よく2人で話してるのを見るし、大輝は架乃のタイプにドンピシャだしな〜


    「はぁ...俺まじでど〜すりゃいいんだよ..」

    「壱馬どうしたの?」

    「架乃!?あ、いやなんもね〜よ」

    「本当?なにかあったらいつでも話聞くからね!」

    はぁ〜まじで架乃可愛すぎだろ!

    「お、おう/////」

    「そ〜だぁ!壱馬!一緒にアイス食べいかない?」

    「行く」

    「やったぁ!」

    「 まじで架乃を誰にも渡したくね〜」

    「壱馬何か言った?」

    「なんにも」

    「そっか!じゃあ、早く行こぉ〜!」

    「おう!」


    覚悟しろよ........架乃

    絶対に俺に惚れさせるからな

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「明奈ちゃん、この後暇?」
    「この後はちょっと…」
    「少しくらい良いじゃん?ね?」
    「ちょ…!?」
    先輩に腕を引かれそうになった時。
    「…明奈、お待たせ」
    「…薫君!?」
    後ろからギュッと抱き締められた。
    「ごめんね、遅くなって」
    「うんうん、大丈夫だけど…」
    頭をポンポンと撫でる薫君。
    「…ていうことで、俺の明奈に近づかないでもらえますか、先輩」
    先輩は悔しそうに行ってしまった。
    「…あ、ありがとう」
    「俺の方こそ遅くなってごめん。何もされなかった?」
    「うん、大丈夫だよ」
    「そっか。明奈は可愛いから本当に困るよ」
    「…なっ、何言ってるの!?あたし可愛くなんて…」
    薫君はチュッとキスをした。
    周りがざわついたのが分かり慌てるあたしをよそにニコニコしている薫君。
    「…これで俺のだって少しは証明出来たかな」
    彼は頬にもチュッとキスをした。

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室
    • キス

    「…薫君?」
    日誌を書き終えると薫君が寝ていた。
    …寝顔綺麗すぎでしょ。
    「…好きだよ、薫君」
    面と向かって告白は出来ないけど寝てる時なら自然と出た。
    「…へぇ、夏葉って俺のこと好きなんだ?」
    「…へっ!?ちょ、起きてたの!?」
    彼はあたしの腕を掴み引き寄せた。
    「…ちょ、薫君ッ!」
    「…フッ。めっちゃ顔真っ赤じゃん」
    「…だ、だって…」
    恥ずかしすぎて穴があったら入りたい。
    「…夏葉ってそういう顔もするんだ」
    「…な、何言って…」
    彼はニコリと笑うとあたしの頬を撫でた。
    「…ひゃあっ」
    「何その反応、可愛すぎでしょ」
    「…んっ」
    チュッと薫君にキスをされた。
    「…か、おる、く、ん」
    「…その表情は反則だよ。他のヤツに見せないでね」
    「…えっ」
    「…夏葉のそういう表情見ていいのは、俺だけだから」
    耳元でそう囁く彼に胸のドキドキが止まらなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

蒼月ともえ

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:tomoe°(初回登録:2013/11/28)
  • 2:蒼月ともえ(変更1回目:2013/12/26)

【会員番号】602620

【誕生日】2月23日

【自己紹介】蒼月ともえです。青春時代のキラキラした輝きを、お話の中に書き綴るのが大好きです。読後に元気になれる作品を残していきたいと思っています。登場人物と一緒に恋をしたり冒険をしたりしながら楽しく書いていきますので、よろしくお願いいたします。
→5月25日「1495日の初恋」が、皆様のおかげで書籍化されました。本当に感謝しています。この本を手にしてくださった方が、楽しんで読んでもらえたらとても幸せです。

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】願いが叶うというブルームーンから。

【星座】魚座。

【趣味】工作。写真。

【特技】書道。

【将来の夢】少女マンガの原作。自分のお話がマンガになったら最高です(^^)

【好きな場所】神社やお寺。お城。古い日本建築が好き。

【とっておきの時間の過ごし方】お風呂で一冊本を読む。

【手放せないもの】歴代のラケット(テニス、バドミントン)

【マイブーム】ハムスター。きなこくるみ。

【今一番やりたいこと】部屋の模様替え。

【最近感動したこと】懐かしい人からの手紙

【最近凹んだこと】パソコンが壊れた。

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】ハムスターが可愛すぎるっ!

【最近ひそかに興味があること】ボルダリング。

【最近恥ずかしかったこと】電車のドアにはさまった。

▲