ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月06日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    夢を見たの。

    君に告白される夢。

    「好きです」と言って、少し照れた顔がとても可愛い。好きな相手のことだと、一つ一つが可愛く見えてしまうのね。

    「私も君のことが好き」と答えれば、その顔はもっと赤くなるのかしら。想像するだけで楽しくなってしまうわ。

    だけれど、私は答えもせずに、君に飛びついた。きっと現実じゃ、こんな風にはできないもの。夢の中だけは、したいことをしてもいいでしょう?

    君は少し驚いて、バランスを崩すけれど、受け止めてくれた。可愛く見えていても、実は力が強いみたい。そして困ったように笑って、「そういうところが好きだよ」なんて優しい声で囁くの。

    あぁ、なんて甘い夢。

    これが現実になればいいのにね。そうしたら、とても幸せだわ。


    私は、明日はどんな夢を見るのかしら。楽しみだわ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上

    放課後、私は歌うのが好きで毎日屋上で歌ってる。
    誰にも聞かれることがないから安心して大声で歌っている。

    ーガラッ。

    私はこの時屋上に幼なじみの暁人(あきと)が来ていたのに気づかなかった。

    サビに入った瞬間肩を叩かれ振り向くと口を抑えられた。

    暁「もう離さないから、愛してるから傍に居て。付き合おう」
    私「プハッ、ちょっと〜!私が一番歌いたいフレーズ!てか、なんで居んの?」

    文句を言ってから我に返り聞いた。

    私「てか、歌うならちゃんと歌って。ただ言うだけじゃダメ」

    そんな事もどうでも良くなって再度文句を言うと、

    暁「は?今の俺からの告白なんだけど?」

    そう言って私を抱き締めた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    アイツからの呼び出し
    急になんだろう?と考えて待っていると、
    後ろに人の気配を感じて、急に温かくなった。
    「絶対に後ろ見るなよ!」
    アイツの声が耳元で聞こえた。
    低いが、何故か落ち着く声
    「はぁ?意味不明なんだけど…」
    彼が急に真面目になった。
    「俺、1週間後に引っ越すんだ。
    お前に1番に言いたかった」
    「え…ずっと一緒にいようって約束したのに!!
    嘘つき」
    「俺、引っ越す前にお前にどうしても
    言いたかった事があるんだ」
    shock過ぎて半泣きの私
    「俺、お前がずっと前から好きだった。
    付き合って下さい!」
    えっ!!!
    「俺、バイトしてお前に会いに来るから!!」
    「私も好きだよッ///
    ずっとそばに居てよ…(涙)」
    「離れていても、俺の気持ちは変わらないよ」

    「「約束」」
    私達だけの愛言葉

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

聖凪砂

【会員番号】54819

【性別】女

【自己紹介】気ままに書いています。
自分の中での妄想を書いているので恋愛系が多いです。
これから、がんばりますので、1度読んでみてください。

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】子供の頃から、自分のハンドルネームはこれって決めていました。

【生まれたところ】兵庫県

【血液型】A型

【星座】射手座

【身長】かろうじて150センチあります。

【体重】もちろん、ひ・み・つ。

【足のサイズ】23センチ

【握力】数値はわかんないけど、すっごく弱いです。

【髪型】今のところ、セミロング。

【趣味】もち、文章を書くこと。

【特技】すぐ、どこでも寝ちゃうこと。

【性格】どっちかって言うと内向的のような気が最近してきました。

【持っている資格】栄養士の免許(全く、役に立ってないけど)

【将来の夢】本に携わる仕事がしたいなぁ。

【好きな男性のタイプ】ちょっと、悪系が好み。

【みんなから○○と呼ばれている】さなぎ

【自分が一番輝く瞬間】話がすごく浮かんできて、よい文章が書けた瞬間。

【好きな食べ物】お寿司

【嫌いな食べ物】納豆

【好きな教科】国語

【嫌いな教科】英語

【好きなコミックや雑誌】君に届け

▲