ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼女はいつも偽りの表情を浮かべる

    表情が乏しい

    そう言ってしまえば簡単だ

    「関係ないから。」

    そう突き放す言葉を放ち、人を寄せつけない

    でもその言葉に傷つき、悲しんでいるのはキミ自身だ

    自ら孤独を選ぶキミは、俺にはいつも孤独に怯え、苦しんでいるように見えた

    「俺は、夏音を一人になんてさせない。」

    俺の言葉に戸惑い、少しだけ安心したかのような顔をするキミは、俺にしてみれば誰よりも感情豊かだ

    うっすら涙を浮かべたキミは、強がりなのか涙を見せまいと俺に背を向ける

    ゆっくりキミに近づき、震える肩を包み込むように腕を回す

    抱きしめずにはいられなかった

    「責任…とりなさいよ…。」
    「俺は嘘はつかないよ。」

    その後2人は向き合い、キミは本物の笑顔で俺に微笑んだ…

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    ねぇ、ヒデ…好きな人いる?

    んーいるといえばいるし、いないといえばいないかなぁ…ユキちゃんは?

    あたしは、いるよ!

    ちょっと待って、それ困る…あっ!

    えっ!何で!何で!

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腰グイ

    「調子はどう?」
    「海堂先輩」
    「入学式だよ?緊張しているの?」
    「実は」

    新一年の美友は彼をじっと見た。

    「私の髪型どうですか?」
    「普通に可愛いよ」
    「先輩女子に目をつけられて体育館裏に呼び出しされないですか?」
    「それは……」

    ここで彼はバチンとウインクをした。

    「問題ないよ」
    「良かった!」
    「しかしね」


    美友は可愛ので意地悪されるかもと海棠は言った。

    「いいかい?呼び出しされても行くんじゃないよ」
    「でも、ひどい目に」
    「大丈夫。俺に相談してよ。なんでも助けるから」

    すると美友は真顔で海棠に向かった。

    「あの、そういう特別扱いの方が問題だと思うんですけど」
    「俺のせい?」
    「はい、だって先輩かっこいいから」
    「美友ちゃん……」

    海棠は彼女を抱きしめた。

    「俺の彼女って事にしよ」
    「ダメですよ。本当に好きな人を彼女に、あ?」

    抱きしめる海棠は微笑んでいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ひらび久美

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:ひらび美玖(初回登録:2012/12/09)
  • 2:ひらび久美(変更1回目:2013/01/13)

【会員番号】504850

【誕生日】まれに体育の日になる日

【自己紹介】読書大好き。気になったらランダムに読みます。

ミステリとロマンス小説の翻訳を夢見る実務翻訳者。

最新作『独占溺愛~クールな社長に求愛されています~』
ベリーズ文庫・マカロン文庫情報は『書籍化作品』からご覧いただけます。
その他:『Sのエージェント~お困りのあなたへ』『辛口な上司ですが、プライベートは極甘です。ただし、私、限定で!』『恋愛遺伝子欠乏症 特効薬は御曹司』

【おススメの本】『Sense and Sensibility』

【生まれたところ】うどん県(お笑い府育ち)

【血液型】B型ですが、何か?

【星座】天秤座

【好きな言葉】「彼にできて、彼女にできて、私にできないことはない」

【好きな映画】いつか晴れた日に

【とっておきの時間の過ごし方】ヒーリングミュージックを聴きながら紅茶を飲む(のが理想)

【1億円あったらどうする?】パソコンデスクを新調する

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】かなり読みます

【1ヶ月に読む本の数】結構読みます

【感動した小説のフレーズ】「キミがいてこそ僕の人生は満たされる」

【今まで生きてきて一番痛かったこと】高一のときの片想い。イタイ。イタすぎた。

▲