ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩

    うんこ

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 屋上

    ふわっと宙を舞う感覚。

    これでやっと終われるんだ…。
    よかった…。

    フェンスを越えた私の身体。
    あとは落ちるだけ。そう思っていたのに、


    「加子!」


    強い力で引き戻された。






    その後は、焦りと悲しみと、ほんの少しだけ安心して泣きじゃくった。

    先生はそんな私を抱きしめて、一緒に泣いてくれた。



    「なんっ…で…!!あと少しだったのに…!!!」



    「君がとても大切だから。



    僕と一緒に生きてくれませんか?」


    泣き笑いのような顔をしながら、いつもの丁寧な敬語で私に話しかけてくれた先生と生きていたいと思った。

    開く閉じる

    • 先生

    私の恋は絶対に叶わない恋ー。

    放課後ー。私は家に帰りたくなくて一人教室に残っていた。
    「はあ…」
    暗くなった外を見て溜め息をつく。
    「まだいたのか、結菜」
    「先生!」
    振り向くと担任の高宮先生がいた。
    「今は二人だけだし、お義兄さんでいいよ(笑)」
    「え?…うん…」
    "お義兄さん"つまりこの人はお姉ちゃんの旦那さんで、そして私の大好きな人…。
    「俺ももう帰るから一緒に帰ろう。玄関で待ってて。」
    そう言って私の頭をぽんぽんってするお義兄さん。私は顔を赤くして頷く。
    「じゃあ、すぐ行くから。」
    そう言って教室を出ていくお義兄さん。
    「待って!」
    「どうした?」
    ダメ…
    「私…お義兄さんの事が…」
    好き…
    「…やっぱ何でもない…」出かかった言葉をギュッと飲み込む。
    「何だよ、それ(笑)」
    好き…そう言ったらお義兄さんを困らせてしまうから。
    「だって、忘れたんだもん。」
    今日も私は義妹を演じる…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

あおのふう

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:戸辺ふう(初回登録:2012/09/09)
  • 2:あおのふう(変更1回目:2016/10/09)

【会員番号】483329

【誕生日】10月4日 天使の日

【自己紹介】2014年5月ベリカ月刊注目作家

らぶ・みー 【オススメ作品】
君が思うより、君はキレイ。【特集vol.26】
ずっとそばにいたのに.....【特集vol.31】

この手を握りたかったから
それだけで、キセキ。
ポンパドールの魔法
【ラブコスメ企画入賞作品集→LCラブブックス(電子書籍)】

ファンメ11/30送信

【好きな作家】

【血液型】O型でしょ?って言われるB型

【性格】ウルトラポシティブ

【好きな男性のタイプ】危なかしくて放っておけないオーラに囲まれてるくせして、不意にデキる一面、セクシーな顔を見せてドキッとさせてくれる可愛い系

【似ている芸能人】よく言われるのは→高岡早紀・辺見えみり・MAXのmina

【よく遊ぶところ】今月は横浜アリーナ、渋谷西武

【好きな人の名前】けんと・かいと・りゅうや・あらん

【願いが3つかなうとしたら?】食べても太らない体質になりたい、老けたくない、18歳くらいから人生やり直したい(笑)

【今までの人生で素敵な思い出】東京ドームで最愛の王子様に真っ直ぐ正面から見つめられ、ツアータオルをプレゼントしてもらったこと

【感動した小説のフレーズ】『何者』より:短く簡潔に自分を表現しなくちゃいけなくなったんだったら、そこに選ばれなかった言葉のほうが、圧倒的に多いわけだろ。だから、選ばれなかった言葉のほうがきっと、よっぽどその人のことを表してるんだと思う。

【1日だけ透明人間になったら何をする?】大好きな人のそばにいる

▲