ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「お、終わったか?もう帰っていいぞ。ありがとな」

    担任のその一言でやっと委員会の手伝いから解放された。

    「最悪…、めっちゃ暗いじゃん、」

    他の委員会のメンバーにも遅くまで居残りさせる訳にも行かず、かといって友達からも苦手なものなさそうって言われるから素直に待っててって言えず…。

    「……こんなことなられいに話して待っててもらえばよかったな、」

    れい とは私の幼馴染の零也。
    まぁ、あいつが私のこと待つわけないもんね。
    と、一人で呟きながら仕方ないと、一歩踏み出した瞬間_____

    「ばーか。おせーよ澪」
    「れい?!なんで?!」

    急に声をかけられて、驚かない女子はいない。きっと、いや絶対に。

    「…あのなぁ、何年幼馴染やってると思ってんだよ。お前、暗いの苦手だろ?」
    「え、じゃあ待っててくれたの?ずっと?」
    「うっせーな。ほら、はやく帰ろーぜ。

    お前は俺が守るから、怖くねーだろ?」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

月乃ミラ

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:mira-mira(初回登録:2012/07/07)
  • 2:mira!(変更1回目:2012/12/09)
  • 3:月乃ミラ(変更2回目:2016/02/01)

【会員番号】464254

【自己紹介】たくさんの中から見つけて頂きありがとうございます。令和も宜しくです( `・ω・´)ノ ヨロシクー

【おススメの本】芥川龍之介の鼻を読む度に人間社会の滑稽さに面白みを感じます。

【HNの由来(本名はダメ!!)】あれがこうしてああしてそうしたらこうなった

【生まれたところ】病院

【血液型】結構A型?って言われる事がありますが最終的にやっぱりB型だよねって言われます

【星座】正座の方が得意かなぁ

【身長】わりと高め

【体重】わりとありますよ

【足のサイズ】左がやや小さい

【握力】わりと無い

【髪型】わりと短め。

【趣味】わりと多趣味。

【特技】特技を聞かれて直ぐに○○ですと答えれるような人になりたいです

【性格】わりと人見知り

【持っている資格】わりと無い

【自慢なこと】わりと第一印象が良い

【好きな言葉】できない事は与えられない

【将来の夢】健康で長生き

【尊敬する人】雪雄。私の知らない事を知っているのと私が苦手なことをとても簡単にやってくれるところ

【好きな芸能人】わりといます

【好きな男性のタイプ】わりとメンクイ

【好きな女性のタイプ】もし自分が男だったら私みたいなのとは付き合わない

【みんなから○○と呼ばれている】ちゃん付け。

【よくやるくせ】わりとある

【口ぐせ】わりと、笑

【自分が一番輝く瞬間】朝、顔を洗ってお化粧して髪をセットした瞬間

【カラオケでよく歌う曲】聴くのは好きだけど歌うのは苦手。

【好きな食べ物】スイカ。甘いもの。

【嫌いな食べ物】わりとあるけど大人なので我慢すれば食べれる

【好きな映画】髪結いの亭主、今を生きる、アラジン、サンドイッチの年、僕の伯父さんシリーズ、ドラえもん、ノッティングヒルの恋人、ニューヨークの恋人、地下鉄のザジ、魔女の宅急便、フェリスはある朝突然に、シザーハンズ、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス、コープスブライド、モンスターズインク、アズールとアスマールなどなどたくさん

【好きな音楽】わりとなんでも

【好きなブランド】学生の頃より一貫してよく利用するのは無印

【好きなコミックや雑誌】わりとあり過ぎて

【好きなキャラクター】わりといる

【好きな場所】秘密

【好きな人の名前】初恋の人はたけしくんって思ってたけどその前にもおったなって今思い出しました。でも本当に好きで好きで好きだなぁって初めて思ったのはたけしくん。

【好きな季節】春は憂鬱になるから嫌い。夏は蚊とホラー番組増えるから嫌い。秋は好きでも嫌いでもない。冬服が好き。雪が好き。程々に寒いのが好き。年末のざわついた感じが好き。なので冬が好き。でも年が明けると一年がまた始まるのかと憂鬱になる。なので厳密には冬の始まる頃が一番好き。

【手放せないもの】わりと多いで

【マイブーム】逆腹筋

【今一番行きたいところ】パリ。

【今一番やりたいこと】パリに行く。

【最近感動したこと】ドラマ見て。

【最近初めて知ったこと】ミヤネ屋にパックンでてるやん。

【最近ひやっとしたこと】わりとひやっとしてるで。

【最近うらやましいこと】息子達がピアノを弾けること。

【最近頭にきていること】家族による出したら出しっぱo(*`ω´*)o

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】いつもありがと。みんな大好きやで。

【最近笑ったこと】わりと笑ってるで。

【最近ひそかに興味があること】ひそかのままでええやん。

【生まれ変わったら?】生まれ変わる前の記憶が残ってたら焦る。

【地球があと24時間しかなかったら?】焦る。

【1億円あったらどうする?】焦る。

【願いが3つかなうとしたら?】決められなくて焦る。

【ずーっと疑問に思っている事】私よく焦るよな?

【今までの人生で素敵な思い出】あの時……(〃∇〃)

【好きな人と出会いたい場所】どこだっていいんじゃないのかな。だって好きなんだもん。

【癒されること】愛犬と戯れる。

【誰にも言えない秘密の話】仲良しのお婆ちゃんが私にへそくりの場所を教えてきたこと。

【使っている携帯電話】au XperiaXZ1ですね。聞いてどうするねんな?

【誰かこんな小説書いて!】大体、さいマサさんに言ったら書いてくれるからいいや。

【1日だけ透明人間になったら何をする?】焦る。

【今まで生きてきて一番痛かったこと】死ぬかと思った痛みも今となればほぼほぼ忘れてるよね。

▲