ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • クリスマス4【お題】
    • 頭ぽんぽん

    「お、こんな暗いのにどーした。」
    先生はいつものようにちゃらちゃらした笑顔をこっちに向けながら歩いてきた。
    「別にどうもしませんよ。なんとなく、ここが私にあってる気がして。」
    クリスマスにも関わらず校庭に煌びやかに配置されたツリーの周りには私と先生以外誰一人として人は居ない。
    「ふーん、そう。いつもぼっちの君にあってるって事かな?」
    「うるさいな。そんな言い方しなくたっていいじゃん。」
    そう言ってはーっと白い息を冷たい指に吹き掛ける。
    「そんな拗ねるなよ。今はぼっちじゃないでしょ。」
    先生はポンポンと私の頭を撫でたあと何処に隠していたのか長方形の包装されたものを目の前に出した。
    「これ…どうしたんですか?」
    「ほら、分かんない?サンタさんだよ。サンタさん。寒いんだからさっさと家帰って開けてみなって。」
    「え、や、ちょっと」
    寒さのせいか少し赤くなった頬と耳を見て私の頬も少し暖かくなった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】
    • 夜の学校

    今日はクリスマス

    なのに両親は出張で家には私一人

    はぁ…今年はクリぼっちかぁ

    すると

    「先輩!」

    声が聞こえ玄関を開けると

    イケメン男子の輝君がいた

    「ちょっと来て!」

    輝君は私を連れて学校に入った

    「輝君。どうし…」

    目の前にはキラキラしたクリスマスツリーがあった

    「綺麗でしょ?朝から先生が何かしてたから気になって夜に来たらこれ見つけてこれは絶対に先輩と見たいなって思ったんだ」

    私と?

    「先輩、こんなジンクスがあるの知ってます?」

    「ジンクス?」

    輝君は私の耳元で

    「夜の学校でクリスマスツリーの前でキスした二人はずっと一緒で幸せになれる」

    そう言った後私にキスした

    「ひ、輝君?」

    「僕、先輩が好きです。一目見たときから好きでした。僕と付き合ってくれませんか?」

    「…はい」

    私のクリスマスプレゼントは恋人だった

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「わぁ、ツリーのイルミネーション!きれいだなぁ…!」
     思わず笑みがこぼれる。
    「っ…ああ、そうだな」
    「どうかした?」
    「いや、なんでもない」
     それにしては耳が赤いけど…寒いのかな?

    「そういや、コレお前に。」
    「あっ、これもしかしてプレゼント!?
     渡されたのは、雪の結晶をモチーフにしたヘアピンだった。イルミネーションの光を反射してキラキラと輝いている。

    「つけてやるよ、こっちこい」
    「うん、お願い」
     彼の手が軽く私の髪をすいてピンをつける。不意に距離が近くなって少し顔が熱くなった。

    「うん…あー、やっぱり」
    「や、やっぱりって?」
    「似合ってる。やばい、かわいすぎ」
    「へっ!?」
    「今日、ずっとかわいいって思ってたけど…俺のプレゼントつけてくれてんのが一番かわいく見える」
    「わ、私、かわいくなんて…」
    「ほんとだから。…好きなやつが一番かわいいに決まってるだろ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Riria

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:てりぃ(初回登録:2007/06/16)
  • 2:Riria(変更1回目:2008/10/25)

【会員番号】4043

【性別】女

【誕生日】++10月31日++

【自己紹介】Ririaです(^ω^)
元てりぃだったモノです。現在大学生。
一次創作は現在停止しております。連載は休載中。再開の見込みはありません。
ここは短編・長編ともにログ置き場です。HPは閉鎖いたしました。
現在は二次創作にのめり込んでおります。

FAN様になってくれた方、ありがとうございました。
FANMailでは、気まぐれに書き起こした連載の番外編等出来ましたらお届けしていこうと思います。

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】過去に書いた小説のキャラより(※公開の見込みなし←)

【生まれたところ】静岡!いいとこ。

【血液型】AB型。

【星座】さそり座

【身長】↓チビ↓

【体重】あなたは今私の地雷に触れた。

【髪型】ロング。くるくるのくせっ毛です

【趣味】ピアノ&バイオリン&寝るZzz

【特技】...瞬間爆睡...

【性格】変な仔って言われる。

【好きな言葉】やる気?何それ(ぇ

【将来の夢】国際系なお仕事。

【尊敬する人】人のいい所を見つけるのが上手い人。

【好きな男性のタイプ】B型の人をよく好きになる・・・

【好きな女性のタイプ】包容力のあるお人♪

【口ぐせ】じゃんだらりん、きんこんかん・・・分かる人には分かるハズ。

【自分が一番輝く瞬間】カルピスを飲むとき^^*

【カラオケでよく歌う曲】RADWIMPS、椎名林檎、奥華子etc...基本雑食。流行には疎い←、ボカロも聴く。

【好きな教科】英語と社会(世界史と日本史)と音楽

【好きなコミックや雑誌】APH、学園アリス、銀魂、パンドラハーツ、鋼の錬金術師etc...少年少女なんでも来い。←

【好きな場所】学校、自分の部屋

【好きな季節】秋

【とっておきの時間の過ごし方】とっておきかどうかわかんないけどPCと漫画があったらいつまでも過ごせる自信があるよ^^*

【手放せないもの】財布&ケータイ&PC

【今一番欲しいもの】自信?・・・あ、モノ?お金と文才?←この落差

【今一番行きたいところ】遊園地!!

【地球があと24時間しかなかったら?】寝よう。ひたすらに。

【1億円あったらどうする?】大学生活の資金と新しいPC代、縮毛代(笑)だけ残して、あと貯金←

【願いが3つかなうとしたら?】1時間だけ!空を飛ぶ。

【好きな人と出会いたい場所】その人のことを、唯一忘れているときとか。

【癒されること】・・・カピパラさん。もので←

【誰にも言えない秘密の話】秘密だからシマセンヨ(・×・*)♪

【よく読む雑誌】花ゆめ、ジャンプ、従妹のりぼん←

【使っている携帯電話】au

【感動した小説のフレーズ】大切なものは、目に見えない/by 星の王子さま

▲