ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下

    先生、と駆け寄るとどうした?と優しく問いかけてくれる。大した質問も相談もないくせに、私は何かと先生に聞きに行く。2人きりで話す理由が欲しくて。
    「こんな時間まで居残りか?」
    「や、その、先生のこと待ってました。先生、人気者だから。普段なかなか聞きにいけなくて」
    「そんなことないよ。いつでも話聞くのに」
    でもそっか、と先生は照れくさそうに笑って頬をかいた。
    「悪いことしちゃったね。本当ならもう家に帰れてたはずなのに」
    「い、いいんです。…おかげで、先生のことひとりじめできたし」
    少し、踏み込みすぎただろうか。
    ちらりと視線だけ向けると、先生は驚いたように目を丸くして頬を赤く染めていた。きちんと理解した上で受け取ってくれたのだと確認できて、私は唇を噛む。
    「じゃあ、僕も君のことひとりじめしてるね」
    先生の手が私の手に触れる。
    きゅっと掴まれた先生の手は、私と同じくらい熱かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

瑞覇

【会員番号】385601

【性別】girl

【誕生日】7月7日

【自己紹介】はじめまして。


私は、医療系と不良系が
好きです。

更新はとっても遅いので

ご理解のほどよろしくお願いします・・・!

【書いた小説一覧】

【おススメの本】君を、何度でも愛そう。と ねぇ…〜私の奇跡〜

【HNの由来(本名はダメ!!)】secret

【生まれたところ】鹿児島県の○○

【血液型】Bだぜ~!!

【星座】かに座♥

【身長】151ぐらい・・・

【体重】secret

【足のサイズ】24・・・まじめに答えてる~(笑

【握力】しらないYO

【髪型】ショート

【趣味】バレー

【特技】趣味と一緒♥♥

【性格】わからん!

【持っている資格】英検4級&数検3級

【好きな言葉】あんがと(ありがと)

【将来の夢】看護師

【尊敬する人】お姉ちゃん

【好きな芸能人】関ジャニ∞のすばると、安田

【似ている芸能人】いないと思う!

【口ぐせ】だるい~

【自分が一番輝く瞬間】バレーしてるとき

【カラオケでよく歌う曲】こいのうた

【好きな食べ物】ぱん

【嫌いな食べ物】グリンピース

【好きな教科】数学

【嫌いな教科】社会&理科

【好きな音楽】Jack JohnsonとC&K

【好きなブランド】シャネル

【好きな場所】海

【好きな季節】春

【とっておきの時間の過ごし方】とにかく寝る

【手放せないもの】タオル

【マイブーム】怖い話を聞くこと

【今一番欲しいもの】お金

【今一番行きたいところ】グリーンランド

【今一番やりたいこと】英語の勉強

【最近頭にきていること】痩せてるのに、「あー、太ってきた~。DIETしないと」って言ってくる事

【最近凹んだこと】皆のお腹をみて・・・・

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】Thanks you

【最近自慢したいこと】・・・・・・・

【最近笑ったこと】友達とおしゃべり

【生まれ変わったら?】かわいくて、最強の女

【地球があと24時間しかなかったら?】今あるお金を使い果たす

【1億円あったらどうする?】8割貯金2割使う

【願いが3つかなうとしたら?】1つ、痩せる 2つ、お金をちょっとでけもらう 3つ、最高の人生をおくる

【ずーっと疑問に思っている事】どうやって私は出来たのか

【今までの人生で素敵な思い出】バレーの大会で全てストレートで勝って優勝したこと

【好きな人と出会いたい場所】どこでもいい

【癒されること】音楽を聴くこと

【誰にも言えない秘密の話】secret

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】たくさん

【使っている携帯電話】dokomo

【1日だけ透明人間になったら何をする?】いたずら

【今まで生きてきて一番痛かったこと】手術の終わった後

▲