ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月10日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 告白

    「先輩、痛いです」

    「うるさい。黙って」

    部活の最中に先輩に腕を引っ張られてここまで連れてこられた。

    「急になんですか?まだ部活中ですよ?」

    「お前、なに?勝手に告白してきて人の答えも聞かずに言い逃げして。何もなかったみたいなふりして」

    「そっそれは、先輩には他に好きな人がいるから」

    「は?誰それ?」

    「いつもマネージャーさんのこと見てるじゃないですか」

    「みてねーし」

    「嘘ですよ。いつもみてますよ」

    「見てたとしてもあいつじゃねーし」

    「でも、、、」

    次の瞬間、先輩にキスをされた。

    「わかったか?」

    「えっ、なんで、、」

    「俺の好きなやつはあいつじゃなくてお前だし。気づけよ」

    「えっ、嘘でしょ。だって先輩は」

    「だから、俺の好きなやつはお前だよ」

    そしてまたキスをされた。

    「ほんとに?」

    「ああ」

    バッ、、
    先輩に抱き着いた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 屋上
    • 告白

    「橋田ー!!」
    恒例行事と化した『橋田紗奈探し』
    「先生、俺が探してきます」
    「里村悪いな、幼なじみの絆で探してくれ!」
    先生にそう言われ、紗奈を探す。
    この2ヶ月ほど、時々行方不明となる。
    ま、どこにいるのかはわかるけど。

    ガチャ

    「……紗奈?」
    屋上のドアを開け、大の字になって寝ている紗奈に話しかける。
    「寝顔、可愛いな…」
    見つける度に、こうやって呟くがまったく起きない。
    「……俺のになればいいのに。」
    あの時告白しておけば、何回そう後悔したことか。
    しかも何でよりによって、俺の親友なんだよ。
    「…日向、好き」
    「……!?」
    紗奈がぽつりと呟く。
    なんで俺の名前…。
    俺が紗奈の夢に出てきてるのか…?
    「っ……」
    嬉しさなのか虚しさなのか、涙があふれでてくる。

    「…好きだ」
    「俺のモノになればいいのに」

    「ごめん、今だけだから…」
    そう言って紗奈の髪にキスをした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 彼の家
    • 告白

    幼なじみのナツの家に居る私。
    通い慣れたナツの部屋。

    ゴローンとベッドに寝転ぶ。

    「おいおい…それ他の男ん家でやんなよ?」

    「大丈夫!独りだからね…」

    「ふっ、ぼっちか」

    ナツだってぼっちのクセに!

    拗ねてナツから顔を逸らすと、ふと昔のアルバムが目に入る。

    「ねぇナツ、これ見てもいい?」

    「あーいいぜ」

    小学校の頃のだ…懐かしい。

    「ナツって昔からカッコよかったよね」

    「はぁ?なんだそれ、ンな事言ったらセナだって可愛かったろ」

    真っ直ぐ言われるとドキドキするな//

    「じゃあ、こん時好きだった子指さそうぜ」

    「えぇ…いいけど」

    正直覚えてないな…
    まぁテキトーにさせばいっか。

    『せーの』

    「…ぇ?」

    ナツが私にさしていた。

    「お前顔赤いぞ…そそるわぁ」

    「なっ?!うるさぁい!」

    「可愛い…好きなんだよ、ずっと」

    そう言って私の唇にナツはキスをする。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

メタトロニウス

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:石野 猶人(初回登録:2011/03/07)
  • 2:メタトロニウス(変更1回目:2011/03/08)

【会員番号】326333

【性別】男性の肉体を使っている。

【誕生日】四月、天界より舞い降りた。

【自己紹介】ケータイ小説(携帯小説)で作品を執筆します!!

【おススメの本】江戸川乱歩「孤島の鬼」を読めば、十日は放心が続く。

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】大天使メタトロンより。

【生まれたところ】ユーランシャと云われる文明。

【星座】シリアス星人

【身長】ほぼ六尺。

【体重】その星々の重力によって、数値に差異が生ずる。

【握力】TVでCMに入ると、掌から放たれる磁気で瞳を癒やす。

【髪型】黒色の光ファイバー。

【趣味】ipad

【性格】ロマンティックでファンタジックな変わり者

【自慢なこと】犬の鳴き真似をして、犬だけを振り向かせられる。

【好きな言葉】和洋折衷。

【将来の夢】小説家、作曲家、発明王。

【尊敬する人】ラマナ・マハリシ

【好きな男性のタイプ】言葉遣いが丁寧でありながら、迅速で熱心な救急隊員。

【好きな女性のタイプ】お嬢さん

【似ている芸能人】後日、エッセイにて述べたい。

【口ぐせ】以前は道の段差に躓いた際、ふにゃんと言ったものだ。

【ある休日の過ごし方】休日の昼下がりに、TVで浅見光彦を見ながらうたた寝。

【よく遊ぶところ】ピンク色のタオルケットの中へ潜ってゆく。

【カラオケでよく歌う曲】やはりバラードに限る。

【好きな食べ物】発芽玄米、コーシー牛乳。

【好きな教科】日本近現代史、未来学に興味あり。

【嫌いな教科】小学生のとき親からの虐待により、勉強手につかず。

【好きなテレビ番組】鬼平犯科帖、ホンマでっか!?など

【好きな映画】コンタクト、マトリックス、アイアンマン、XーMENなど

【好きな音楽】ドビュッシー、ラヴェル、ドボルザーク、ラフマニノフ

【好きなコミックや雑誌】小学ではコロコロコミック、中学では週刊少年ジャンプ

【好きな場所】以前は京都散策をたまにした。

【好きな季節】金木犀香る、紅葉の秋。

【今一番行きたいところ】歌劇場でプッチーニの蝶々夫人をじかに見たい。

【最近感動したこと】粉雪が、激しく降る牡丹雪へと移ろい、路を積雪した。

【最近自慢したいこと】禁欲ではないが、喫煙、飲酒、肉食、賭博をしないこと

【最近ひそかに興味があること】クラシック音楽の作曲家各全集を収集し、部屋で流す。

【生まれ変わったら?】医学、科学、工学、芸術などの劇的に進歩した世界へ。

【地球があと24時間しかなかったら?】体外離脱して肉体のそばにおり、その時を目撃したい。

【願いが3つかなうとしたら?】不老不死、テレポーテーション、物質化能力の順

【癒されること】今は亡き愛犬が、夢の中で枕元でチョコンと寝ていた。

▲