ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    私には今付き合っている人がいる。付き合って1週間しか経っていない。

    (教室に忘れ物しちゃったよ〜)

    教室に取りに入ろうとした時、話し声が聞こえた。

    「お前って今付き合ってる彼女とどれぐらい経った?」
    「1週間。そろそろ別れてもいいかなって思ってるけどな」
    「マジかよ笑。今回は早いな」

    入るタイミングをなくした私は盗み聞きをしていた。だって聞き覚えのある声だったもん。

    「だってあいつ、地味だし、どこかに行くって言っても図書館とかだしさ。つまらないんだよなぁ」
    「デートに図書館とか笑」
    「だよな。デートで図書館はねーわ笑」

    気がつくと私は泣いていた。
    あれ?おかしいな。私の事本気で好きになる人なんていないって知ってたはずなのに。なんでかな。
    その場にいる事が辛くなった私は、走って逃げたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 切ない【お題】

    私たち2人は小さい頃からいつも一緒にいた。

    なんかもう家族みたいなもので、お互いが異性だなんて意識したことがなかった。

    でも、ある日の帰り道──

    「俺さ、隣のクラスの子に告白されて、付き合うことにした」

    「はぁ!?」

    最初はよく知らない子と付き合った彼にイライラしていたけど、次第に謎のモヤモヤが増えていった。

    そして私は気づいた。

    この気持ちが『恋』だということに。

    「もう一緒に帰るのやめない?」

    そう言う私に、

    「なんで?」

    彼はあっけらかんと答える。

    「ほら、彼女に悪いじゃん」

    そんなの嘘なのに。

    「そっか」

    気づいてよ。

    「じゃあ、明日からはやめとくか」

    そんなこと、言わないで……

    本当は彼女の話を聞くのが嫌だった。

    彼女とお揃いで買ったキーホルダーが目に入る度辛かった。

    私が彼女になりたかった──

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    今日は私の17回目の誕生日
    ·····そして、大好きな人とのお別れの日


    ピッピッピッピッ

    「満夜(まよ)、グスッなぁ逝かないでくれよ。俺、お前がいなくなったらどうすればいいんだよ」

    「ごめん...ね、海都。そん、なにッ...泣かないで。ゎたし、海都と入れて、幸せだっ、たよ」

    ごめんね海都。ずっと一緒にいられなくて。

    「満夜...俺もっ幸せだった!グスッ俺、満夜のこと支えてやれたかな?」

    「もちろん。」

    「私ね、海都の...お嫁さんになって...ゎたしたちの子どもと笑って生きるのが夢だったんだよ。でも...叶わなく、なっちゃったね」

    「俺もッ同じ夢、持ってるよ。そんなの、来世で叶えればいいじゃん」

    「そう、だね」

    「あぁ。約束だ」

    「約束、だよ!」

    「満夜、俺の彼女でいてくれてありがとう」

    ピーーーーー

    ·····ありがとう、海都。来世でまた逢おうね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

安川香菜

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:やすぴー★(初回登録:2011/02/11)
  • 2:安川香菜(変更1回目:2011/03/26)

【会員番号】319252

【性別】生物学的に女

【誕生日】2月4日

【自己紹介】▼主に恋愛もの。書きたいものを書きたいだけ書いてます(^o^)丿

▽ただいま一部作品を非公開にしています。

▼ただいま細々と執筆中…
非公開のまま書いているので、突然完結した作品を投下します。悪しからず。
もう少しで公開できると思いますのでゆるりとお待ちくださいませ。

【おススメの本】1Q84/閃光スクランブル

【好きな作家】

【マイリンク】

【生まれたところ】福島。育ちは仙台

【血液型】O型

【星座】みずがめ座

【身長】166cm

【体重】一番病気になりづらい

【髪型】黒ロング

【趣味】テニス/寝る/読書/一人カラオケ/音楽鑑賞/妄想

【性格】短気で惚れっぽい。超絶気が小さくて気まぐれでいい加減な変態

【尊敬する人】伊達政宗

【好きな芸能人】ジャニーズ

【好きな男性のタイプ】イケメンでなくてもいい

【みんなから○○と呼ばれている】やす

【よくやるくせ】髪いじる。あと身振り手振りが激しい。

【自分が一番輝く瞬間】ジャニーズを見ている時

【好きな食べ物】トマト/お菓子/梅干し/ラーメン/アボカド/明太子

【好きなテレビ番組】月曜から夜ふかし

【好きな映画】名探偵コナン/サマーウォーズ

【好きな音楽】ジャニーズ/Perfume

【好きなコミックや雑誌】HUNTER×HUNTER/鋼の錬金術師/鬼滅の刃

【好きなキャラクター】くまのプーさん/スヌーピー/ムーミン/すみっコぐらし

【好きな季節】冬

【とっておきの時間の過ごし方】ひたすら妄想ひたすら睡眠ひたすらパズドラ

【手放せないもの】携帯とウォークマン

【マイブーム】二次元とジャニーズを行ったり来たり

【今一番欲しいもの】時間/文章力/金(諭吉さんカモン!)

【今一番行きたいところ】ヨーロッパ/沖縄/京都

【生まれ変わったら?】まともな人(切実に)

【1億円あったらどうする?】CDと漫画と本を買いあさります。

【好きな人と出会いたい場所】愛があればどんな所でも大丈夫!(たぶん)

【癒されること】わちゃわちゃを眺めていたいです。

【誰にも言えない秘密の話】野いちごで小説書いてること

【1ヶ月に読む本の数】最低一冊

【誰かこんな小説書いて!】誰も想像できない、最後まで胃が痛くなるくらいの切ない話

【1日だけ透明人間になったら何をする?】イケメンをストーカーします

▲