ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先輩
    • 休日

    今日は、年上彼氏と過ごす休日。
    私達は並んで歩いていた。


    さり気なく、先輩が私の手を握ろうとする。

    私は咄嗟に手を抜いた。


    「芽衣、手繋ぐの嫌か?」

    「そ、そうじゃないんですけど……」

    「じゃあ何?
    理由がわからないと俺は芽衣に何もできない」

    悲しそうな先輩を見て、申し訳無い気持ちになった。


    「私、今日手がすごく乾燥しててカサカサで恥ずかしくて」

    「そんなの!」

    「私は綺麗な手で、先輩と手を繋ぎたいんです……」


    そう言って先輩を見上げると、先輩は顔を赤くしていた。


    「そんな可愛いこと言うな」

    「え…」

    「俺はたとえカサカサでも手を繋ぎたいけど、芽衣に無理強いはしない。だから……」


    先輩は私の手首を掴み、先輩のポケットに押し込む。
    そしてその上から、先輩は私の手を強く握った。


    「こうしたらいいんだろ?」

    ポケットの中から、私はぎゅっと手を握った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 髪クシャ

    『久しぶり!』
    私が振り返るとハルが居た。
    目の前に来て急に髪をクシャとされる。
    『髪型が乱れる!』
    『気にするな』
    微笑むハルにちょっとイラついた。
    いつも髪を乱れさせて、適当にあしらう。
    すると笑いながら去って行く。
    何が何だか分からなくて家に帰ると急にハルから連絡が来て思い出の場所に来てと言われた。
    思い出の場所がありすぎて、学校、公園、湖、海、色々行ったけど居なくて諦めかけたら、また連絡が来て私の家の近くと言われて探していた。
    すると私がナンパされてハルが助けてくれた場所にハルが居た。
    『遅すぎだろ?』
    『こんな場所覚えてないよ』
    『そうなのか…』
    ハルが寂しそうな表情を見せる。
    『どうしたの?』
    『助けた場所だから忘れてると思わなかった…』
    日頃見せない姿を見せるから気になって何も言わずに見ていた。
    『何故助けたか分かるか?』
    『…』
    『好きなんだ』
    好きと言われてドキドキした。

    開く閉じる

    • 校舎裏

    「…先輩、やっぱりここにいましたか」
    「…あ、菜々ちゃん」
    「先生が呼んでましたよ」
    「えー…」

    いつも校舎裏で寝ている佑先輩。
    とってもカッコよくて頭も良くて、サッカーも上手くて、何でもできる完璧な人。
    私の大好きな人。

    「今は先生より、菜々ちゃんと過ごしたいかな」
    「ーーっ。ふ、ふえ?」

    私…と?
    佑先輩が、私なんかと?

    「ふふ、冗談。テンパっちゃって可愛いね」
    「あ…」

    じょ、冗談か…。
    そりゃそうだよね。
    こんな私なんかを相手にするはずないもんね…。

    「ほら、おいで菜々ちゃん」
    「え…」

    そう言って佑先輩がさしたのは、先輩の膝の上。
    …乗れってこと!?

    「無理です恐れ多いです!」
    「何で?ほら、来て」
    「あう…」

    これは、夢…?

    「…菜々ちゃん泣いてない?」
    「か、感動のあまり…」
    「…本当に可愛いね」

    先輩は私の頭を優しく撫でてきた。
    …好きです、先輩。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

さいマサ

【会員番号】242564

【性別】スウィーツ男子

【HNの由来(本名はダメ!!)】木村拓哉→キムタク、みたいな

【趣味】鑑賞、と名のつくもの。TSUTAYAの店員にも負けません!

【尊敬する人】母

【最近初めて知ったこと】失恋

【地球があと24時間しかなかったら?】家族と過ごす

▲