ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年07月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 告白

    よお!

    開く閉じる

    • 暴走族【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    冷たい風が頬を撫で、目が覚めた。
    視線だけで辺りを見回すと、夕陽に染まった屋上のベンチに自分がいる事に気づく。
    どうやら昼食の後、少し寝ようと目を瞑ってそのまま放課後まで寝てしまっていたようだった。
    『うそっ…』
    「…やっと起きたか」
    ガバッと起き上がると、横から呆れたような声が聞こえた
    見れば、暴走族の総長をやっていると噂になっている人物が、隣に座ってこちらを見ている
    『あ、えっと…その…』
    焦って視線を彷徨わせていると、その人は困ったように笑った
    「あんま怯えた顔すんなよ、傷つくだろ?」
    『す、すみませ』
    「お前だと特にな」
    そう言って私の髪をくしゃりと撫で、立ち上がった彼を見上げる
    『それってどういう…』
    「家どこ。送ってやる」
    『え。そんな、いいですよ!』
    「この時間危ないからな。素直に甘えとけ」
    『…じ、じゃあ…』
    と彼と一緒に屋上を出た

    (さっきの…どういう意味だったんだろ)

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    高校3年の学年一のイケメン

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

水沢 莉

【会員番号】19048

【誕生日】立秋

【自己紹介】[読み]ミズサワ レイ

★『レンタルな関係。』続々編
連載スタートしました!

◆文庫化
『隣のキケンな王子様!』

◆文庫&電子書籍化
『レンタルな関係。』
『脱!?レンタルな関係。』

【おススメの本】ひとり日和(青山七恵)・君の名残を(浅倉卓弥)・永遠の0(百田尚樹)・さよならドビュッシー(中山七里

【マイリンク】

【趣味】カメラ

【よく遊ぶところ】TDS

【好きな食べ物】チーズ・チョコ

【嫌いな食べ物】ところてん

【好きなキャラクター】ミッキーマウス

【好きな場所】TDR

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】ディズニー挙式しまーす\(^o^)/

【生まれ変わったら?】NASAの人

【ずーっと疑問に思っている事】宇宙の果て

【癒されること】空と満月を眺めてるとき

▲