ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 告白

    久しぶりの2人でのお出かけ。
    「琉偉私ね、琉偉が好き。琉偉とずっと一緒にいたい。私と、付き合って下さい。」
    帰り際に私は2年間言えなかったセリフを言った。
    長い沈黙の後、琉偉は口を開いた
    「俺は、、やめときな」
    目をそらす琉偉は悲しそうな目をした
    「俺の浪人中愛はずっと応援してくれたけど、俺なんにもできなくて、そんな余裕持てなくて、カッコ悪い。弱いんだ俺。」
    そんなことないよ。琉偉
    「俺は愛を大切に思う。だから、、もっと、」初めて琉偉の涙を見た。
    私は思わず抱き寄せた。
    「頑張った琉偉はカッコいいよ。弱くなんかない。強い琉偉を沢山知ってるよ。」
    きっと浪人で疲れたんだろう。
    「頑張ったね。」
    「俺、友達みんな、今頃大学で、楽しんでるんだろうなって」 うん。
    「俺のこととか忘れてんだろうなって、」うん。
    「私は琉偉を忘れたことないよ。」
    チュッ。琉偉からの長いキスは、
    琉偉の涙の味がした。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 部活中
    • 体育館
    • 告白

    「マネージャー!」
    ぴょんっと、犬の耳を生やして私のもとにくる。
    「僕のこと、ちゃんと見てくれてますか?」
    なんだか、最近やたらと私に絡んでくる。
    しかも、こんな風に甘々で。
    「見てるよ、皆のこと。」
    「皆じゃダメ。僕だけ。」
    きゅっとジャージの裾を掴んできた。
    うっ可愛い、可愛すぎる。
    「…わかった。見とくから。」
    「本当に!?」
    わぁ、尻尾まで見えてきた。
    「見るって言っても、遥君は何見てほしいの?」
    「……スリーポイント入れるとこ」
    照れながら言うなんて、なんて可愛いんだ。
    「わかった」
    「見ててくださいね?」
    そう言って、ボールを持つ。

    「……これ入ったら、僕と付き合って。」

    「へ?」
    私が返事をしない間にドリブルが始まった。
    ボールは、美しい軌道にのってゴールへと入った。
    「すごい、スリーポイントだ!」
    感激していると、遥君は笑って

    「約束通り僕のものになってくれますか?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    委員会が終わり、教室に行くと彼女が寝ていた。
    彼女の側に近づくと気持ちよさそうに寝ていた。
    …ホント、無防備過ぎでしょ。
    「…加蓮の寝顔、見ていいのは俺だけだからね」
    頬にそっと触れてみるとピクッと肩を揺らした。
    もしかして…
    「…ねぇ、起きてるんでしょ?」
    「…えへへ。ごめん」
    照れたように言う彼女はでも寝てたのは本当だよと慌てて言い出す。
    「…それよりも遥君、あたしのこと名前で呼んでたよね!?普段は苗字なのに」
    「…さぁ。気のせいじゃない?」
    恥ずかしくなりいつものようにツンとしてしまったが彼女はニコニコ笑っていた。
    「何か嬉しいな。名前で呼ばれるの」
    「気が向いたら名前で呼んであげるかも」
    彼女の笑顔が見れるのならいくらでも名前で呼ぶかもね…加蓮。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

孫 灯歌

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:灯火(初回登録:2009/07/28)
  • 2:孫 灯歌(変更1回目:2010/05/21)

【会員番号】184157

【性別】woman

【誕生日】September,21st

【自己紹介】孫 灯歌=そん ひか

□■□■□■□■

☆メイン更新
└我が道をゆく!!

☆企画参加中(一応、完結)
└君の胸に鳴る音を、澄んだ冬空に響かせて

□■□■□■□■

未熟な灯火を、
いつもありがとうございます!

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】「灯」は好きな漢字。

【生まれたところ】にっぽんちゃちゃちゃ。

【血液型】おおらかと呼んでください。

【星座】をとめ。

【身長】164㌢(横に広い)

【体重】横の分。

【足のサイズ】バカでもなくアホでもない。

【握力】体力テストで満点レベル。

【髪型】失恋のおかげで思いきった感じで。

【趣味】わりとテレビっ子。

【特技】お布団に入ったら3秒。

【性格】ひどくネガティブ。

【持っている資格】教員免許もう少し。

【将来の夢】動物にかこまれて自然の中でそのまま土に帰りたい。

【尊敬する人】小説家さん。ミュージシャンさん。俳優さん。よくよく見れば、何かを表現するお仕事の人。

【好きな芸能人】新垣結衣(ガッキー)。

【好きな男性のタイプ】甘やかしてくれる人。

【好きな女性のタイプ】思ってることを隠さない人。

【みんなから○○と呼ばれている】そん。

【ある休日の過ごし方】最近は曜日感覚がありません。

【カラオケでよく歌う曲】ディ●ニープリンセスのなにかしら。

【好きな食べ物】豆腐。

【嫌いな食べ物】生姜。

【好きな教科】生物。

【嫌いな教科】化学。

【好きなテレビ番組】世界を見せてくれる番組。

【好きな映画】ナルニア国物語~1,2,3。

【好きな音楽】B'z。miwa。Disney。Ariana grande。

【好きなキャラクター】フー。(ジウさんとこの彼 笑)

【好きな場所】高いところ。

【好きな季節】秋。

【とっておきの時間の過ごし方】睡眠。

【手放せないもの】スマホ。

【今一番欲しいもの】余裕。

【今一番行きたいところ】アメリカ合衆国。非現実な世界。夢の国。

【今一番やりたいこと】ソフトボール。

【最近頭にきていること】あたしという一人格の人間性を否定されたこと。

【最近凹んだこと】夢でたくさん我慢して、起きたときには号泣していた。

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】これからも、どうかよろしくお願いいたします。

【生まれ変わったら?】優等生になる。

【地球があと24時間しかなかったら?】お母さんとのんびりお話する。

【1億円あったらどうする?】まずは奨学金をさくっと返す。

【好きな人と出会いたい場所】グラウンド。

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】最近は更新を追いかけるのが精一杯です。

【使っている携帯電話】おにちゃん。

【感動した小説のフレーズ】馬鹿か、お前は。

【誰かこんな小説書いて!】青春。体育会系。

【今まで生きてきて一番痛かったこと】身体より心の痛みが忘れられない。

▲