ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月10日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    突然、意識してなかった男子に告白された。私は彼のことをぜんぜん知らなかったから断った。それから俺のことを知って欲しいからと彼に話しかけられるようになった。私は彼のことを少し考えるようになった。しばらくたって、また彼から告白された。私は自分の気持ちが分からずまた断ってしまった。そのあと彼から話しかけられることはなくなった。彼は私以外の女子とも話すようになった。私はそんな彼を見てモヤモヤした。私はその時、彼のことが好きなんだと気づいた。しかし、友達から彼は私のことを諦めたらしいよと言われた。もう少し早くこの気持ちに気づいていたら何かが変わっていたのかな。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 教室

    「ええ!!沙羅、すっごく可愛い!」
    「キャー!先輩、似合ってます!」

    何か廊下が騒がしいな…。
    ガラッ
    「おはよう、槙人君」
    そう言ってこっちに歩いて来るのは、ロングヘアがトレンドマークだった沙羅。
    3日前まであった長い髪は綺麗にカットされ、とんでもないイメチェンを遂げていた。
    「切ったんだ?」
    「うん!5年ぶりにね!…あのさ…よく好きな人のために自分を曲げるなんてって言う人いるけど、私はそうは思わないんだよね。相手に好きになってもらえるように…最低限の努力はしたいの」
    それって…
    「槙人君がショートの方が似合うと思うって言ったから…」

    「切っちゃった…!」
    その瞬間から俺はずっと君の笑顔のトリコ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 休み時間
    • 教室

    後編
    悠「だって俺、こいつみたいな奴がタイプやから。」
    え///
    悠「ていうか、お前自分で宿題したことないんじゃない?」
    琉「え?ほんまに?!」
    悠「うん。こいつ自分でやらずに他人にやらしてるから。特にお前。」
    龍「ばれへんと思ったのになぁー悠人にばれわー」
    悠「もう、お前もあんまりあいつに優しくするなよな!」
    琉「はい...」
    悠「龍介も二度とこいつに宿題とかやらすなよ!!」
    龍「へーい」
    悠「あいつ絶対またやらすやろうなーお前もやるなよ。」
    琉「うん」
    なんか、初めてこんなに悠人の事優しいって、思ったかも...
    ふふ
    悠「何、笑ってんだよ」
    琉「なんか、悠人って優しいところもあるんだなぁ~と思って!」
    悠「っ///」
    琉「顔、赤いで?」
    悠「うるさい。あんまりこっちみんな」
    琉「はーい!」
    そして、今はあいつの事が好きになりました。
    悠人...これからもよろしく!大好き///

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小野妹子

【会員番号】174025

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】男やったんかいーってお約束のツッコミが入る偉人です

【生まれたところ】大分県

【血液型】O型

【性格】基本的に温厚だけど怒ると恐いらしい。

【好きな言葉】遊撃手

【尊敬する人】史実の小野妹子

【好きな男性のタイプ】俺様系という事にしておこう

【好きな女性のタイプ】笑顔が素敵な人

【好きな教科】歴史

【好きな季節】夏

【手放せないもの】ケータイ

【マイブーム】ケータイ小説

【最近感動したこと】読者様からの素敵な感想コメント&レビュー

【地球があと24時間しかなかったら?】ノストラダムスさんそのボケはネタバレですと突っ込む

【誰にも言えない秘密の話】ワキ毛が薄い

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】いっぱい

【よく使うモバイルサイト/アプリ】野いちご

【使っている携帯電話】docomo

【1日だけ透明人間になったら何をする?】夏じゃないと寒いし、夏は蚊に刺され大事な所に虫が…

【今まで生きてきて一番痛かったこと】足の小指を柱の角にぶつけた事

▲