ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2018年02月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下

    お昼休み。
    友達と話しながら階段を登っていた。

    「それで、昨日もう大変やってんから!!」

    とか言ってると、角で誰かとぶつかり尻餅をつく。

    「いって……」

    「ごめん!ちっちゃくて見えんかった!」

    上から降ってきた声は、ストレートに私をちっちゃいと言った。
    そんなストレートに言わんでよ。
    ちっちゃい子は傷つくよ?

    「立てる?」

    そう言って差し出された手を、私は掴んで立ち上がる。

    「ちょっと汚れちったわ。ごめん。」

    彼は私のブレザーについたホコリを払ってくれる。
    大きな手に、ちょっとドキドキ。

    「だ、大丈夫やで?こちらこそ、ごめん。急やったから避けれへんくて。」

    「いや、俺の注意不足や。汚れてごめん。」

    それから腕時計を見て、私に爽やかな笑顔を見せて、「ちっちゃいから気をつけてな」と言い残していった。
    すごく優しくて、真っ直ぐで、……私王子様見つけちゃったかもしれない。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 真後ろ

    今、ある事情で机をグループの人とくっつけてます。それはいいんです。
    隣のグループで机をくっつけてる私の好きな人、私とその人の椅子に隙間がありません。後ろを振り向いたら間違いなくぶつかる距離。
    「あ、ごめん、ぶつかった。」
    「え…?」
    「「………!?」」
    い、今、一瞬だけど、口触れた?
    あ、私の頬に相手の口がって意味ね。
    お互い驚きすぎて言葉が出ない。
    「えっと、じゅ、授業!」
    「お、おう!」
    や、やばかったー…てか、また、背中ずっと当たってるし…!

    ー授業後ー
    「「ご、ごめ…」」
    ち、近っ!顔の距離10センチ未満!
    「…////」
    あー、私、2ヶ月前に、この人に振られたんだなー。
    私を振ったならそんなに真っ赤になるなよ…

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2018【お題】
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    今日はバレンタイン。私も大好きな彼氏の蒼くんにブラウニーを作ってきたの!

    でも、肝心の蒼くんは女子達に囲まれてとても渡せそうにない。しかも手にいっぱいチョコ持ってるし…。

    「美優?」

    諦めて蒼くんに背を向けたその時、後から蒼くんの声が聞こえて私は立ち止まった。

    「…皆と、話してたんじゃないの?いいの?」

    …ほんとは、蒼くんを独り占めしたいけど。

    「ん?でも美優のが大事だもん。」

    さらっと言ってのける蒼くんに胸が高鳴った。

    「…っ//」

    「…美優の、チョコ欲しい。」

    そう呟いた蒼くんにぎゅっと抱きしめられる。

    「そ、そうくん…っ//」

    不意打ちは、心臓に悪いよ…っ。

    「みーゆっ。大好き。ずっと、僕のものだよ。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

宝 ひかり

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:巫緒梨(初回登録:2009/05/30)
  • 2:まかろん(純愛大好)(変更1回目:2013/02/16)
  • 3:キャラメルまかろん(変更2回目:2013/10/11)
  • 4:式香樹(変更3回目:2016/02/21)
  • 5:宝 ひかり(変更4回目:2017/11/06)

【会員番号】169509

【自己紹介】~文章のミルフィーユ~

宝 ひかり(たから ひかり)

気の向くままにゆるゆる活動しています。
良いな、と思う一瞬を切り取りたくて、振り返れば小六の頃から自己満足で書いてます。


【NEW】アメージング出版様より12月24日から発売開始~
「俺は世界に切り取られた女の子に恋をした」


◎いるかネットブックス様より、発売中です。
・星の彼方へ〜アンドロイド・ラブ〜
・レモンの木の下で

【マイリンク】

▲