ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年04月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    放課後の体育館。
    ずっと前から大好きだった
    先輩から告白。

    開く閉じる

    • 新学期【お題】
    • 告白

    『俺に逃げてこいよ』


    『お前俺の彼女なんだから黙って守られていればいいんだよ』


    『それ誘っているようにしか見えない』

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 図書館

    「あ、瑞希ちゃん!」

    聞き覚えのある声。顔を上げると、相変わらずの美少女がいた。

    「何してるの?」
    「勉強」

    前の椅子に座る。私の教科書をパラパラとめくる。

    「咲良君にはわかんないでしょ」
    「えぇ?でも、ここは…じゃない?」
    「確かに…」

    言われた通りに書く。…悔しいけど、合ってる。

    「俺って結構何でも出来るから」

    えっへん、と胸を張る。…はぁ、呆れる。
    そんな姿も可愛いから仕方ない。

    「あぁ、でもまだ出来てないことがあったっけ」
    「何?」

    少し弄ってやろうと、その続きを待つ。
    彼が身を乗り出す。視界が影になる。
    近い。



    「貴女をおとすこと」
    「へっ?」


    耳元で甘く囁かれた言葉。きっと私の顔は真っ赤だろう。




    ―-不覚。やっぱり何でも出来るじゃない。

    ささやいた後の彼の笑顔は私の心を見抜いているようで、
    せめてもの抵抗に、赤くなった顔を隠してうつむいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

宝 ひかり

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:巫緒梨(初回登録:2009/05/30)
  • 2:まかろん(純愛大好)(変更1回目:2013/02/16)
  • 3:キャラメルまかろん(変更2回目:2013/10/11)
  • 4:式香樹(変更3回目:2016/02/21)
  • 5:宝 ひかり(変更4回目:2017/11/06)

【会員番号】169509

【自己紹介】~文章のミルフィーユ~

宝 ひかり(たから ひかり)

気の向くままにゆるゆる活動しています。
良いな、と思う一瞬を切り取りたくて、振り返れば小六の頃から自己満足で書いてます。


【NEW】アメージング出版様より12月24日から発売開始~
「俺は世界に切り取られた女の子に恋をした」


◎いるかネットブックス様より、発売中です。
・星の彼方へ〜アンドロイド・ラブ〜
・レモンの木の下で

【マイリンク】

▲