ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

野路 喜道

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:野路喜(初回登録:2007/06/26)
  • 2:野路 喜道(変更1回目:2011/02/07)

【会員番号】13793

【性別】押忍

【誕生日】年の瀬頃

【自己紹介】『のじ よしみち』と読みます

全ての作品の感想は『感想ノート帳』って作品の感想ノートにて受けつける事にしてますのでそちらへどうぞ。

基本的に読んだ人の心に特に何も残らない、中身のない作品を中心に書いています。
現在はほぼ読み専になってます。

【おススメの本】野尻抱介 著 『南極点のピアピア動画』

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】なんとなく

【生まれたところ】煮えたぎる鍋の中

【血液型】まる

【星座】半人半馬

【身長】167m

【体重】56t

【足のサイズ】26mm

【握力】そこそこ

【髪型】丸刈り

【趣味】読書、サイクリング

【特技】変身

【性格】草食系を越えて植物さえも過ぎてもはや鉱物か

【持っている資格】中型ドリルモグラ運転免許

【自慢なこと】ここ25年程学校も会社も病欠してない

【好きな言葉】考えるな感じろ

【将来の夢】幼い頃はウルトラマンになりたかった

【尊敬する人】高田純次

【好きな芸能人】アンソニーホプキンス

【好きな男性のタイプ】愚痴の少ないヒト

【好きな女性のタイプ】悪口の少ないヒト

【似ている芸能人】ヨーダ

【みんなから○○と呼ばれている】のじやん

【よくやるくせ】首をコキコキ

【口ぐせ】まあいいや

【自分が一番輝く瞬間】飲酒中

【ある休日の過ごし方】起きたら昼、気がつけば夜

【よく遊ぶところ】脳内

【好きな食べ物】肉全般

【嫌いな食べ物】ウナギ

【好きな教科】朝練

【嫌いな教科】朝礼

【好きなテレビ番組】きらきらアフロ

【好きな映画】ネバーエンディングストーリー他沢山

【好きな音楽】Kalafina (カラフィナ)

【好きなブランド】山田錦

【好きなコミックや雑誌】4コマ雑誌

【好きなキャラクター】アルファさん

【好きな場所】空の広いトコ

【好きな人の名前】初恋の人はナウシカだった

【好きな季節】一年中

【とっておきの時間の過ごし方】ツブレるまで呑む

【手放せないもの】ちっぽけなプライド

【マイブーム】ブランデーのロック

【今一番欲しいもの】やる気

【今一番行きたいところ】アナタの背後

【今一番やりたいこと】隠居

【最近感動したこと】神様のカルテ2

【最近初めて知ったこと】富士山の山頂にもポケストップとジムがあるんだぜ

【最近ひやっとしたこと】子どもの飛び出し

【最近うらやましいこと】豊富な頭髪の人々

【最近頭にきていること】最近頭髪がキテいる

【最近凹んだこと】自分のイビキで目が覚めた

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】大きな声では言えないが小さな声では聞こえない

【最近自慢したいこと】御嶽山登頂達成

【最近ひそかに興味があること】かめはめ波がなんとか出来ないか

【最近恥ずかしかったこと】誰もいないと思ってやってた鼻唄と変な踊りを見られていた

【生まれ変わったら?】何に産まれ替わろうが自分を楽しむ

【地球があと24時間しかなかったら?】禁煙を解除

【1億円あったらどうする?】無計画に使いまくる

【願いが3つかなうとしたら?】早く真人間になりたい

【ずーっと疑問に思っている事】私の作品は野イチゴの中で私にしか書けない作品だろうか?

【今までの人生で素敵な思い出】縄文杉に会った

【癒されること】呑みながらお気に入りの小説のお気に入りの場面を読む

【誰にも言えない秘密の話】実は私、地底人なんです

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】0~2作

【1ヶ月に読む本の数】5~10冊

【よく使うモバイルサイト/アプリ】白猫プロジェクト

【感動した小説のフレーズ】『ヴァルキノの誇り』

【誰かこんな小説書いて!】ラブを含まないコメディ

【1日だけ透明人間になったら何をする?】せこい完全犯罪

【今まで生きてきて一番痛かったこと】病院に行っても原因不明だったナゾの腹痛

▲