ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2018年01月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ【お題】
    • 放課後
    • 図書館
    • 頭ぽんぽん

    市立図書館の、自習室の一番窓際の席。

    そこに「彼」の姿は今日はない。


    この前偶然目が合ってお互いの存在に気づいた。
    幼馴染であり、ずっと好きな人。
    でも高校で離れて以来だし、ドキドキしてまともに話せなかった。

    ふぅ…と後悔のため息をつき、本棚から志望校の過去問を抜き取る。




    「それ、次貸してもらいたいんだけど」


    突然、声がして
    ハッと振り返ると……


    「久しぶり」


    目の前には

    …ずっと大好きな人。


    びっくりしたのと嬉しいのとで
    鼓動が鳴り止まない。


    「これ」

    すっと彼が差し出してきたのは…


    「合格…祈願…?」


    「今神社で買ってきた。おそろいで」


    照れ臭そうにもう一つを見せる彼に
    胸の奥がキュッと掴まれる。


    「志望校、同じなんだな。一緒に受かろうぜ」


    嬉し涙をにじませながら大きく頷くと、

    彼は私の頭にポンと手を乗せ
    クシャッと笑った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 壁ドン

    「僕だって、男なんですよ?____こうされるのも覚悟の上、ですよね?」

    開く閉じる

    • 幼なじみ【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 髪クシャ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

椿灯夏

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:天月壱姫(初回登録:2008/12/04)
  • 2:夢紡ぎアリス(変更1回目:2009/06/02)
  • 3:悠宮飛鳥(変更2回目:2009/08/24)
  • 4:霧影(変更3回目:2012/01/30)
  • 5:椿灯夏(変更4回目:2013/05/09)

【会員番号】126366

【性別】夜明けの魔女

【自己紹介】幻想物語メインの創作者。不定期更新。

物語試行錯誤中。。

それでも、夜明けの物語を夢みる。

最近更新再開しました。


追伸
【少女は世界の終わりを知っている】完結してます

【おススメの本】イヴは夜明けに微笑んで

【好きな作家】

【マイリンク】

【好きな言葉】僕は死んでいくけれど、君は太陽の下を歩く。

【好きなキャラクター】デカラビア イスカ 詠

【好きな季節】春夏秋冬

【マイブーム】あやかしごはん

▲