ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 授業中
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ああ、まただ。

    無意識に見てしまった先には。
    …私の大好きな結兄…と、クラスメイトの姿。

    今は自習の時間で臨時として国語の先生である結兄が来ていた。

    わからないところを聞いているのだろうが、下心が丸見えだ。
    結兄はクールな眼鏡男子だが、笑うとエクボが出来て可愛いの。
    顔も整っているので女の子はもちろん、男子からも人気を得ている。

    いいな、私も結兄と話したい。
    嫉妬と幼馴染からくる独占欲で思わず凝視してしまったその時。

    バチッ

    あ、やば!!結兄と目があった!
    見ていたのがバレてしまって途端に恥ずかしくなった私は、バッと勢い良く目を逸らした。

    落ち着こう…。
    実習用の課題に目を戻して、見直しをする。

    ぽんぽん…
    いつもの、落ち着く手の感触…。それでいてドキドキさせられてしまうのだ。

    「ゆ、結兄…」

    顔を上げると大好きな結兄がニコッといたずらっ子な笑みを浮かべていた…。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    窓際の一番後ろの席から、小さな寝息が聞こえる。

    隣の席で私の旦那様、ハルがカーテンに隠れて寝ているのだ。


    「ハル、ハルってば」

    「ん、んー」


    ハルは精霊界の王子様だから、人間界にいると少し疲れやすい。

    最近は体育祭の練習で午前中がハードだから、毎日こう。

    いつもは満開のはずのツノも少し元気がない。

    回復する方法はあるんだけど…


    「ハルってば、起きて。授業中だよ」

    「朋香ぁ…」


    あ、まずい、寝ぼけてる!

    これは昨日と同じパターンだ、悪い予感しかしないっ。


    「朋香、愛してる…」

    「あっ、ダメ…っ、んっ」


    ハルが、とろんとした甘い表情で私の頭をぐいと抱き寄せた。

    窓の外は雲ひとつない青空が広がり、目を閉じても眩しい。

    カーテンの向こうで、先生が教科書を読み上げているのが聞こえる。

    ハルの唇がとろけそうに熱い…


    授業中は、ダメだよ…

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 教室

    「ねぇ、最近すごい勉強してるけどどうしたの?」

    目の前で難しそうな問題を解いている彼氏に問う。

    「受験勉強。」

    「え、まだ2年生じゃん。」
    ちなみに私は3年生。
    年下彼氏なのです。

    「だって先輩、〇〇大学(国立)行くんだろ。大学のレベル先輩に負けたくないから勉強してんの。」

    「なにそれ〜。笑」

    あと数ヶ月でそばにいられなくなる。
    県外の大学だから頻繁に会えないし。
    なんか、寂しいなー。

    そんなことを考えていたら、
    「...それに、先輩と一緒に居れるから。」

    「えっ...」

    「先輩、周りに気を使ってデートしてくれないし。学校で一緒に勉強するしか方法ないじゃん。」

    下に向けていた顔を上げる。
    私を見るまっすぐな瞳。

    「先輩が卒業しても会いに行くから。んで、来年は先輩と同じ大学いく。だから、他の男探すなよ!」

    ちょっと顔を赤くして言う年下彼氏は最高にかっこよかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ひなた翠

【会員番号】114614

【性別】女

【誕生日】5月

【自己紹介】基本、ランダム更新です。

メルマガ配信しております。
https://resast.jp/subscribe/92794

【おススメの本】たくさんあるよ~」

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】なんとなく…響きと、見た目?(なちゅう決め方でしょう)

【生まれたところ】日本(妄想ならイギリス)

【血液型】典型的なО型だよ

【星座】ふたご座

【身長】156センチ(もうちょっと欲しいけどね)

【体重】ひみつよ

【足のサイズ】普通のサイズ

【握力】あんまりないと思う

【髪型】ロングで、ポニーテール

【趣味】小説を書く!

【特技】寝る(睡眠大好きぃ)

【性格】むらがある?(嫌な性格だねぇ)

【持っている資格】車と、その他もろもろ(?)

【自慢なこと】おいらは小説が書けるぞ(誰でも書けるでしょうが)

【好きな言葉】答えは聞いてない!

【将来の夢】小説家(夢のまた夢ですが・・・)

【尊敬する人】若桜木虔先生

【好きな芸能人】はいだしょうこさん

【好きな男性のタイプ】手が奇麗な人(これは絶対に外せないわ!)

【好きな女性のタイプ】綺麗なお姉さん(おっさんか?)

【似ている芸能人】?(いるかなぁ…?)

【みんなから○○と呼ばれている】ひみつよ

【よくやるくせ】あくび(ただたんに眠いだけ?)

【口ぐせ】……かな~と思って

【自分が一番輝く瞬間】小説を書いている時(たぶん、きっと…)

【ある休日の過ごし方】小説を読んで、小説を書く

【よく遊ぶところ】カラオケ(歌うの大好きよぉ)

【カラオケでよく歌う曲】ガーネットクロウの曲なら何度でも!

【好きな食べ物】かつ丼っす(取り調べ室で…食うか?)

【嫌いな食べ物】フルーツ(アレルギーなので)

【好きな教科】数学(計算式大好き!)

【嫌いな教科】国語(それでよく文章を書こうと思うよね…)

【好きなテレビ番組】相棒(ドラマっすぅ)

【好きな映画】プライドと偏見

【好きな音楽】ガーネットクロウの曲なら何でもオッケー

【好きなブランド】…? 組曲かな・・・

【好きなコミックや雑誌】名探偵コナン

【好きなキャラクター】ロイ・マスタング(知ってるかい?)

【好きな場所】パソコンの前(やっぱりねって感じでしょ?)

【好きな人の名前】言ったら、減るから・・・言わないのぉ(誰?)

【好きな季節】春っす

【とっておきの時間の過ごし方】小説を書く(それしかないっす…小説依存症かよ)

【手放せないもの】パソコンと携帯(もっと言うとネタ帳とペンと…多すぎ?)

【マイブーム】小説!(はいはい…って思わないでぇ)

【今一番欲しいもの】小説家という看板(?)

【今一番行きたいところ】トイレとベッド(?)

【今一番やりたいこと】それは…もう…決まっているじゃない(恥ずかしくて言えないわ)

【最近感動したこと】携帯小説を読んで、泣きまくった

【最近初めて知ったこと】携帯小説って面白い!(最近、知ったのかよ)

【最近ひやっとしたこと】パソコンの画面が真っ暗になった(はい。壊れました)

【最近うらやましいこと】ダイエットに成功している人が羨ましいわ

【最近頭にきていること】眠れない!

【最近凹んだこと】小説を読んでくれる友人がいなくなったことかな…さびしがり屋だから、感想がないとつらいの

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】小説の感想をくれぇ…頼む!(本当に、感想が命っす)

【最近自慢したいこと】とくにないっすあ(寂しい人生だなぁ~)

【最近笑ったこと】しょっちゅう、笑っているから・・・なんだろうね~

【最近ひそかに興味があること】小説家(ひそかじゃないだろって突っ込みはなしね)

【最近恥ずかしかったこと】ズボンのチャックを開けたまま、買物に行ってしまったこと

【生まれ変わったら?】やっぱ小説家になりたいっす(しつこいって?)

【地球があと24時間しかなかったら?】プロ小説家にさせてぇ~(だから、しつこいっちゅうの)

【1億円あったらどうする?】自分の小説を世に出す!(はいはい)

【願いが3つかなうとしたら?】もちろん、叶えてほしいわ(何を?)

【ずーっと疑問に思っている事】「好き」と「愛」の違いかな?

【今までの人生で素敵な思い出】いやぁん、たくさんありすぎて困っちゃう(見栄を張らないの)

【好きな人と出会いたい場所】どこでもいいから、出会わせて頂戴!!

【癒されること】小説っすよ

【誰にも言えない秘密の話】実は…わたし、エッチなの(みんな知ってますよ)

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】つい最近、携帯小説に出会えたので…なんとも言えないっす

【1ヶ月に読む本の数】大量っす 暇さえあれば、本を読みます

【よく使うネットサイト】ミクシィとココログ

【よく使うモバイルサイト/アプリ】(?)

【よく読む雑誌】公募ガイド

【使っている携帯電話】ドコモよん

【感動した小説のフレーズ】ふふふ、内緒よ

【誰かこんな小説書いて!】そうね~ 面白ければ何でも読んじゃうよ~

▲