ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 部活中
    • 校舎裏

    一日中という貴重な時間を部活に捧げている今日。一日練のお昼の時間は私にとって至福の時。
    「っかれたぁっ!」
    校舎裏の日陰から見える広いグラウンド。
    2年間も見てきたせいで見慣れているが、
    あの人が立っているグラウンドはいつだって初々しい。
    「はぁぁ〜…かっこよ…」
    サッカー部の顧問でもあり、先輩の体育の先生もしている、根っからの体育会系の男性。
    1年の時に一目惚れし、そこからずっと密かに想い続けている想い人でもある。
    恋人になりたいとは思うが、今は、こうやって見つめられているだけで幸せなのだ。
    「あぁあーっ、
    かっこよい…まじかっこいい…」
    あの人のボールを追いかける姿、サッカー部の生徒とハイタッチしている姿。
    全てがかっこいい。大好きだ。
    見つめられているだけ良かった。それでも幸せだった。だから、話しかけられたら、
    「宇坂さん、だっけサッカー、好きなの?」
    「ぇ」
    心臓が持ちません。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み

    「先輩、あーんしてください」

    「は…?何言ってんの」

    「だから、食べさせてあげようかなーって」

    「やだ」

    ふふっ、先輩照れてる…

    「ほら、口開けて!」

    「それ、何」

    「唐揚げです!私の手作りですよ」

    そう言うと、少しだけ口角が上がり食べたそうにする先輩

    子供みたいな先輩が可愛すぎる

    「いつも自分で作ってるの?」

    「はい!だから、先輩もどーぞ」

    お箸挟んだおかずを先輩の口の前に持っていく

    「じゃあ、一口…」

    どうかな?お口に合うかな?

    「ど、どうですか?」

    「ん…美味しい…胃袋つかまれた…」

    「ほんとですか…!?良かったぁ」

    にこにこ顔の先輩

    「もっとちょーだい」

    「え…?あ、はい!どう…」

    チュッ

    どうぞと言おうとした次の瞬間私の唇に柔らかいものが押し当てられた

    「っ…!?」

    「ごちそーさま」

    私の顔が真っ赤に染まったのは言うまでもない

    開く閉じる

    • 同級生
    • 修学旅行
    • 告白

    うわ…、けっこう怖いかも

    ただいま修学旅行の二日目の夜
    夕飯を食べすぎたせいでトイレに行きたくなってしまった

    「あき?」
    「ひゃっ!?」

    突然、後ろから声をかけられて心臓バグバグ

    あまりに怖くて床に座りこんでしまった…

    「襲わないで…まだ隼に告白してないのにっ…!」

    これが最期だなんて…悔しい。あの時、告白しとけばよかった…

    「マジで?」
    「え」

    オバケじゃなくてまさかの隼本人が目の前にいた。恥ずかしくて、もうムリ

    「あき、ばかなの?」

    お腹を抱えて笑ってる

    「もう、トイレ行く」

    ―ギュッ

    「まてよ」

    つかまれた手首に熱が帯びる

    「あき。俺、襲っちゃダメなんだっけ?」

    「だっ、ダメじゃない…」

    「なんだよそれ(笑)」

    「もう、ばかにしないで」

    「でも俺、おまえのばかなとこ、けっこう好きだよ?」

    私のほうがキミのこと好きだよ、おばかさん

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

吉田 さくら

【会員番号】1106524

【性別】♀

【誕生日】6月の最後

【自己紹介】こんにちは‪٩(๑⃙⃘˙ᵕ˙๑⃙⃘)۶
 吉田さくらです。
 現在JCです(‪‪๑•̀ω•´‪๑)ゞ
 小説を書くのが趣味になったのは、小学四年生だったと思います。
 全然自信はありませんが、楽しく私の小説を読んでくれると嬉しいです!
 たまに途中で内容を変えたくなったりして、帰ることがあるかもしれませんが何卒よろしくお願いします...(_ _)

【おススメの本】いっぱいありすぎてわかんない

【HNの由来(本名はダメ!!)】好きなシンガーソングライターの吉田美和さん(DREAMS COME TRUE)と藤原さくらさん

【生まれたところ】関東地方

【血液型】A

【星座】≧[゚゚]≦ コンナノ

【身長】15?cm

【体重】4?㎏

【足のサイズ】24cm

【握力】25くらい

【髪型】ギリギリ一つ結びできなくて邪魔

【趣味】小説を書くこととアコギを弾くこと

【特技】ナィ(・д・。

【性格】人と喋るのは苦手

【持っている資格】英検4級と漢検5級というどうでもいいやつ

【自慢なこと】かわいい猫を飼ってるの(。・ω´・。)ドヤッ

【好きな言葉】大好き(?)

【将来の夢】シンガーソングライター(小説書くのも好きだけど多分才能はないからね)

【尊敬する人】藤原さくらさんと吉田美和さん(DREAMS COME TRUE)

【好きな芸能人】藤原さくらさんと吉田美和さん(DREAMS COME TRUE)

【好きな男性のタイプ】優しい人でちょっと俺様な人とか

【好きな女性のタイプ】まさに私の親友ちゃん

【似ている芸能人】ヾノ・ω・`)シラナイ

【みんなから○○と呼ばれている】ふつーに名前で

【よくやるくせ】知らない

【自分が一番輝く瞬間】知らない

【ある休日の過ごし方】本を読むか本を書くか寝る

【よく遊ぶところ】ショッピングモール

【カラオケでよく歌う曲】藤原さくらさんと吉田美和さん(DREAMS COME TRUE)の歌

【好きな食べ物】スイーツは結構好き

【嫌いな食べ物】トマトとかしいたけとかネギとかたくさん

【好きな教科】音楽

【嫌いな教科】社会

【好きなテレビ番組】ドラマは好きダヨ

【好きな映画】今は天気の子かな

【好きな音楽】藤原さくらさんと吉田美和さん(DREAMS COME TRUE)の音楽

【好きなブランド】ふつーの中学生には分かりません

【好きなコミックや雑誌】マンガはありすぎて選べない

【好きなキャラクター】スティッチすき

【好きな場所】...家?

【好きな人の名前】H,A イニシャルダケ

【好きな季節】春?秋?夏は虫いて暑いし冬は寒いしきらい

【とっておきの時間の過ごし方】本を読むか本を書くか寝る

【マイブーム】本を読むことと本を書くこととアコギ弾くこと

【今一番欲しいもの】なんだろう

【今一番行きたいところ】夢の中(現実逃避したいくらい夏休みの宿題やばいんです)

【今一番やりたいこと】面白い小説を書くこと

【最近感動したこと】天気の子

【最近初めて知ったこと】心臓病の詳しいことをある方の小説で知りました

【最近ひやっとしたこと】わかんない

【最近うらやましいこと】美人な人のこと

【最近頭にきていること】わかんない

【最近凹んだこと】あるけど知らない

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】夏休みの宿題助けてー

【最近自慢したいこと】夏休みの宿題終わってないの(。・ω´・。)ドヤッ

【最近笑ったこと】すえっこ さんの小説で

【最近ひそかに興味があること】女優

【最近恥ずかしかったこと】いろいろ

【生まれ変わったら?】中身も外見も完璧な女の子になる

【地球があと24時間しかなかったら?】絶望する

【1億円あったらどうする?】どーしよう

【願いが3つかなうとしたら?】好きな芸能人に会わせてもらって音楽の才能をもらって彼氏もらう

【ずーっと疑問に思っている事】知らない

【今までの人生で素敵な思い出】ないような

【好きな人と出会いたい場所】わかんない

【癒されること】猫を見ること

【誰にも言えない秘密の話】誰にも言えない秘密の話は誰にも言えない

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】たくさんたくさんで数えてないよ

【1ヶ月に読む本の数】あんまり買えないからわかんない

【よく使うネットサイト】知らない

【よく使うモバイルサイト/アプリ】知らない

【よく読む雑誌】知らない

【使っている携帯電話】知らない

【感動した小説のフレーズ】知らない

【誰かこんな小説書いて!】過去にトラウマがあるJCは心臓病でそんな彼女と医者の恋 つまり医者×患者の恋物語

【1日だけ透明人間になったら何をする?】好きな人のストーカー (嘘)

【今まで生きてきて一番痛かったこと】知らないよ

▲